これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

みなさんは、『アドベンチャーワールド』に行ったことありますか? ここは、和歌山県南紀白浜にある”パンダがたくさんいる動物園”として有名なおでかけスポット。

『トリップアドバイザー』の「行ってよかった動物園&水族館ランキング 2013年版」で動物園1位と発表されたところなので、「一度ゆっくり行ってみたい!」と思っている方は多いのでは?

そこで今回は、そんな方々に向けて、『アドベンチャーワールド』を子連れで思う存分に楽しむ方法をご紹介いたします! この記事を最後まで読むだけで『アドベンチャーワールド』のポイントがわかるので、ぜひおでかけ前の参考にしてくださいね!

 

■1:交通手段は新幹線ではなく飛行機にする

まず、南紀白浜までは、羽田空港から飛行機で南紀白浜空港まで向かうのがベストです。大体1時間ぐらいで南紀白浜空港に着きます。空港から『アドベンチャーワールド』までは、タクシーで10分ぐらい。

飛行機ではなく新幹線だと、新大阪駅で乗り換えて白浜駅まで行くことになります。こちらは6時間ぐらいかかってしまいます。子連れでここまで移動時間がかかるのは、絶対に避けたいところです。

 

■2:行く前はイベントの開始時間を確認する

『アドベンチャーワールド』は動物園と水族館と遊園地が融合している、めちゃくちゃ広い施設。そのため無計画で歩き回るのは、非常に疲れるのでNGです。しかも、予約必須の魅力的なツアーや体験がたくさんあります。

行く前は必ず、ホームページでイベントやショーの時間、予約が必要かどうか、見たい動物がどこにいるか、きちんと確認しておきましょう。

時間と場所がわかったら、マップを見て回るコースを決めておいてください。色々なところを中途半端に見て回るよりも、自分の見たいところを絞って回る方がずっと効率的です。

 

■3:日帰りで行くときは見たいイベントを絞る

『アドベンチャーワールド』は見るところが非常に多いですが、行く気になれば、日帰りでも楽しむことできます!

ただ、13~14時台にイベントが集中しているため、一日だとイベントを全て見ることはできません。そのため、見たいイベントは絞って、午前中は時間が決まっていないものを見た方がいいです。

また、『サファリワールド』には絶対に行かないと損! よって、必ず『ケニア号』という専用車には乗ってほしいところです。

これは、約25分で『サファリワールド』を1周できる無料の乗り物。説明を聞きながら、いろいろな動物を見ることができるのです!

入園したらすぐ『ケニア号』に乗って『サファリワールド』をざっと見て、気になった動物をチェックしておき、夕方にまたその動物のところに行く、というのもオススメです。

 

■4:二日かけて行くときはえさやりをメインに楽しむ

しかし、一日では回りきれないほど多くのアトラクションやイベントがあるので、最低でも二日かけてゆっくり回った方が魅力を実感できます。筆者の推奨コースは、以下の通り。

[一日目の推奨コース]

一日目は、えさやり中心のコースがオススメです。入場したらまずパンダを見て、10時半くらいになったらイルカやクジラのショーを『ビッグオーシャン』で楽しみます。それから、『ケニア号』で『サファリワールド』を1周すると、ちょうどランチタイム。

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

食後は、専用のカートを借りられる『カートサファリツアー』でまた『サファリワールド』へ行き、アフリカゾウ・キリン・ライオン・カンガルーなどにえさやりして、『ペンギン王国』でペンギンパレードを見ると、大体15時前になります。

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

最後は、『ふれあい広場』で動物にえさやりをすると、子どもが楽しんでくれます。

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

[二日目の推奨コース]

二日目は、一日一回しかない『アシカフィーディング』と『パンダウェイクアップタイム』に行くコースがベター。入場したら、真っ先に『アシカフィーディング』の予約をします。そして時間になったら、『アニマルランド』で『アシカフィーディング』を堪能します。

その後は『センタードーム・海獣館』でラッコやホッキョクグマ、ペンギンの食事をランチタイムまで見て楽しみます。食後、開始時間になったら『パンダラブ』で『パンダウェイクアップタイム』を見る、もしくは『アニマルランド』で『アニマルアクション』を見るといいです。

ひととおり動物園を楽しんだ後は、『プレイゾーン』と呼ばれる遊園地に行くと、夜まで飽きずに遊べますよ。

 

■5:迷ったら“子どもが喜ぶ動物ベスト5”に行く

ここまでの説明でも、「行ってみたい!」と思うところが多すぎて、迷ってしまいますよね。そんなときは、『アドベンチャーワールド』で“子どもと絶対に見ておきたい動物ベスト5”だけでも行くようにしてみてください。

このベスト5は、パンダ、ホッキョクグマ、ペンギン、アフリカゾウ、キリンです。

[パンダ]

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

ひとつめのパンダは、『パンダウェイクアップタイム』だと見応え抜群! 外の運動場にいるときは、『上野動物園』のように障害物がないので、かなり近くで笹を食べている姿を見ることができます。

[ホッキョクグマ]

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

ホッキョクグマも、食事タイムがイチオシです。ぜひ『センタードーム・海獣館』へ行ってみてください。ガラスに近付くと、サービス精神が旺盛なホッキョクグマも近付いてくれるので、ガラス越しにタッチもできてとても楽しいです。

[ペンギン]

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

ペンギンは『ペンギン王国』にたくさんいますが、最も見てほしいのはエンペラーペンギン! 『名古屋港水族館』と『アドベンチャーワールド』にしかいないペンギンなのです。二番目に大きいキングペンギンもガラスにかなり寄ってくるので、迫力があります。

また、ペンギンと一緒に写真を撮ることもできるので、ぜひイベントも楽しんでください。

[アフリカゾウ]

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

上記の[一日目の推奨コース]にも入れましたが、『サファリワールド』でアフリカゾウとキリンのえさやりは必須といえます。アフリカゾウが長い鼻を伸ばして野菜や果物を食べる姿はなかなか見られないので、とても面白いです!

[キリン]

キリンも首が長いので、草を食べさせると子どもは大喜びしてくれますよ。他にも、ライオンのえさやりや、ヒグマの芸もかわいいのですが、子どもが喜ぶのはこの5種類と思います。

 

■6:赤ちゃんと一緒ならベビーカーを借りる

これだけ読めばOK!大人気「アドベンチャーワールド」の賢い楽しみ方

最後に、子連れならではの楽しみ方をお伝えします。それは、『アドベンチャーワールド』オリジナルのベビーカーをレンタルすること!

パンダやラッコなど、色々な動物の形をしたベビーカーで、見た瞬間に思わず微笑んでしまいます。レンタル料金は1,000円(+保証金500円)と少し高めですが、せっかくなのでレンタルしたいところです。

園内はほぼスロープで移動できるようになっており、エレベーターはほとんどありません。ちなみに、ベビーケアルームもばっちり完備しています。オムツの自動販売機や湯沸かし器、授乳室、オムツ交換用ベッドもあるので、赤ちゃんと一緒でも安心ですよ!

 

いかがでしたか?

広いだけでなく、たくさんの魅力的なアトラクションがある『アドベンチャーワールド』。イルカやアシカとふれあえたり、パンダと近くで会えたり、大きな動物にえさやりできたり、子どもも大人も楽しめる要素が満載です!

ゆっくりおでかけできるときに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

【参考】

※ 

【関連記事】

保育士は絶対しない!「トイトレに失敗しちゃった子」へのNG対応

※ その褒め方合ってる?「完璧主義ママ」がやりがちなNG子育て2つ

※ 

www.onlyyou.od.ua

https://unc-mps.com.ua

ниссан x trail