パパもママもビックリ感動!赤ちゃんの「胎動エピソード」2選

149423066

マタニティ期間中に最も幸せを感じる瞬間はお腹の赤ちゃんの“胎動”を感じたときではないでしょうか?

声をかけるとお腹が“ぐにゅ~っ”と動いたり、ぽんぽんとお腹を蹴られることがあったり。「早く会いたいな~」と生まれてくるのがとても楽しみになりますね。

筆者は2015年5月に第一子を出産しましたが、今でも胎動を撮影した動画をみて、このお腹の中にいた子がすくすくと育っていることを感慨深く思うとともに、胎動を感じていた幸せの瞬間を思い出します。

今回は、胎動にまつわるエピソードについてご紹介します。

 

■「胎動」ってなぜ起こる?

赤ちゃんがお腹の中で成長をしてくると、羊水の中で動くようになります。時期でいうとだいたい5ヶ月くらいの時期からです。赤ちゃんが手足を動かしたときに子宮の壁にぶつかると、お腹に感触が伝わり、「動いた!」と感じます。

また、胎動は赤ちゃんからの「元気だよ!」というサインとも言われています。

妊娠5ヶ月ごろから徐々に感じるようになった胎動はどんどん頻度も増え感じやすくなり、妊娠8ヶ月ごろには赤ちゃんの蹴る力が強いときは妊婦さんによっては痛いと感じるくらいにまでなってきます。そして妊娠9ヶ月ごろには赤ちゃんが大きくなってお腹の中のスペースが狭くなり胎動は収まってきます。