「What’s your name?」じゃダメ!? 親子で生きた英語を楽しむコツ3つ

親ならば子どもには、広い世界に羽ばたいてほしいもの。そのためには今や国際標準語である英語は“必須言語”と考える方は多いでしょう。

幼児期から英語を学ばせることを考えているママは、自分自身ができるという方ばかりではないかと思います。ですが、子どもの将来のためにも、今から子どもと一緒に英語を楽しく学べたら良いと思いませんか?

今回は、シンガポール在住で四児の母である筆者が、子どもの英語教育を“親子で楽しみながら教えるコツ”を伝授します!

 

■「環境」はマネ出来なくても大丈夫!

シンガポールには様々な人種が住んでいます。また、メイド文化が根付いているので、お父さんは中国語、お母さんは日本語、メイドさんはマレー語やインドネシア語、学校では英語などというように、マルチリンガル教育を受ける子も多数います。

このような外国語教育は、日本では簡単には“真似をする”というわけにはいかないかと思います。

また、親が英語圏出身であったり、帰国子女のバイリンガルなどで英語が母語である場合は少ないかとは思いますが、もし英語がペラペラとしゃべれない場合でも、親子で英語教育を楽しむ方法はあるのです。

 

LINEで送る