「育児のクソバイス」をする相手に物申したい!あれこれ第2弾

203912254

“クソバイス”なんて“糞”とついてなんだかお下品な言葉遣いですが、言った相手に悪気はなく、憎めないものが多いですね。これはタレントでエッセイストの犬山紙子さんが作った言葉でアドバイスにならない忠告を指すもの。

前回『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、育児における“クソバイス”をご紹介しましたが、今日は第2弾をお届けします。

 

■クソバイスをする相手に物申したい!あれこれ第2弾

 (1)「子どもに構ってやれる今のうちが花よ

スーパーでカートを押して猛ダッシュしては商品を触りまくる子ども。近づいてきた子ども好きの世話好きおばさんが「まあ、元気な男の子ね。私の息子なんてもう独立してしまって、夫と二人で寂しい生活なのよ。子どもに構ってやれるあなたは今が花なのよ」のありがたいクソバイス。

「しつけがなってないわね!」と叱られるのも又、不愉快なものですが、疲労困憊な日常を“花”と言われても救われませんよね。まして、子どもが成人後の夫婦の時間はまだ遠い先の話。今はただ自分一人の時間が欲しいと切に願っているのですから。

 

 (2) 「子どもが小さいうちは子育てに専念できる専業主婦が一番よ」

そんなことはないのです。

9時から17時まで会社にいて、トイレトレーニング、給食指導などプロの保育士に任せているワーママの方が子育てのストレスが少なかったりするんです。ランチだって会社勤めをしていれば同僚と優雅にゆっくり食べられますよね。

0歳から3歳までママが家庭で育てていると金魚の糞みたいに子どもがまとわりついてきて、トイレだってドアを開けたまま用を足さなくてはならなかったり、ご飯だってサラリーマンのような立ち食い蕎麦状態のときもあります。

しかも、ワーママは「子育てと仕事の両立をしていて立派だわ」と評価されるのに、専業主婦は「頑張って専業主婦しているね」とは誰も褒めてくれず孤独なのです。夫が帰ってくるまで「今日も誰とも口をきかなかった」なんてこともあります。そんな孤独を理解してくださいね。

 

 (3)「前向きに、プラス思考で」

“もっと前向きになって、プラス思考で“。でも、その言葉、聞き飽きました。前向きになれれば誰も苦労はしません。また、起こった状況に対してマイナス思考しかできない自分を否定されている気になってきます。凹んでマイナス思考になってしまっている“ありのままの自分”も受け入れられる人が本当に強い人でもあるのです。

мицубиси асх

также читайте superstep.ua

www.alfaakb.com