「将来就きたい職業」1位がリアル過ぎ…!? 夢を持つため親ができること3つ

先日、アジア諸国の子どもたちを対象に、『将来就きたい仕事』に関するアンケートが行われました。そこから見えてくる、今の日本の子どもたちの夢や将来像がリアルすぎる結果に……。そんな今の子どもたちに必要な働きかけとは?

今日は、子どものココロ専門の育児相談室『ポジカフェ』を主宰する筆者が、“子どもに将来の夢を大きく膨らませてもらうために親ができる工夫”についてお伝えしていきます。

 

■アジア全体の人気職業、そして日本の1位は?

人財サービス企業のアデコグループが最近実施した『子どもが将来就きたい仕事』に関する調査結果を、もうご覧になりましたか? アジア全体に共通する傾向が見出されつつも、日本だけに見られる特徴もあり、非常に興味深い結果となりました。

ここで、各国の男女がなりたいと思う職業のベスト3をご紹介しましょう

(日本は全国の6歳~15歳の男女、アジア諸国は7歳~14歳の男女が対象。それぞれインターネットと訪問にてアンケート調査を実施)

香港

1位:先生 2位:医者 3位:パフォーマー

シンガポール

1位:先生 2位:警察官 3位:企業家

韓国

1位:医者 2位:芸能人 3位:警察官

タイ

1位:医者 2位:アスリート 3位:シェフ

見事なほどに、『医者』と『先生』のどちらかが1位となる結果に! では、気になる日本はというと……

日本

1位:会社員 2位:先生 3位:医者

意外なことに、日本のトップはというと『会社員』だったのです。

LINEで送る