7割以上の男性が自称“愛妻家”!? バレンタインで分かる夫婦の愛と距離感

172726586

もうすぐバレンタイン、今年のトレンドチョコをもうチェックしましたか? もしかしたら「今年は育児で忙しくてそれどころじゃない!」というママも多いかもしれません。付き合い始めの頃はバレンタインというと一大イベントでしたが、年月が経つごとにだんだん億劫に感じるのも現実です。

でも、夫婦仲を良好に保ちたいなら、いつまでも愛される妻でいたいなら、バレンタインは夫婦仲を深める絶好の機会と言えるでしょう。

今日は、夫婦の実態を調査したあるアンケート結果をもとに、“夫がときめくコミュニケーションとバレンタインの効果的な贈り方”についてご紹介します。

 

「妻大好き」な夫は意外に多かった!なんと7割以上の男性が自称“愛妻家”

ゲンナイ製薬株式会社が、1月31日の「愛妻の日」にちなんで配偶者がいる20歳~59歳の1,000名の男性に対し、愛妻とのコミュニケーション実態調査をインターネットリサーチで実施しました。

その結果、自分のことを“愛妻家”と答えた男性は、 75.3%で、なんと4人に3人が愛妻家を自称しているというのです。妻大好きな男性って、意外にとても多いんですね。

ちなみに、妻のどのようなところを愛しているのかというと、自由回答で多く挙がったのは、「思いやりがある」など優しさが好きだという回答、「美人」など奥様の見た目が好き だという回答でした。

他には、「いつも、笑顔を絶やさないところ」「料理が上手なところ」「常に真面目」といった回答もあったようです。なかには、「どんな時でも愛してくれる」など、妻が愛を注いでくれるから自分も愛しているという回答も。

さらには、「全部好き」など、妻の全て!に惚れ込んでいる、という回答もありました。そして、妻へのときめきが再燃する(または、さらに強くなる)のはどのような時かという質問に対し、最も多かった回答は、「優しくしてくれた時」(33.5%)でした。

最近育児や家事に忙しく、「夫に優しい言葉をかけていない」「夫へのあたりがキツくなってる」というママは、バレンタインの日こそ、チョコの魔法を使っていつもとは違う優しい言葉を伝えてみては?

普段から優しい言葉をかけているというママは、バレンタインの贈り物でさらに愛が深まるかもしれません。

LINEで送る