「笑顔」の驚くべき医学的効果知ってますか? 子どもにもたらすプラス影響3つ

お笑いブームはとどまるところを知らず、次々に新しい芸人さんがテレビに現れ、バライティ番組も豊富な昨今。

子どもをあやしているとき、パパがお笑い番組を観てのんきにゲラゲラ笑っていたりしたら、“空気読めよ”と正直イラっとしてしまうママも多いかもしれません。

あるいは、いつもお笑い芸人なみにジョークを言っているパパに、正直ウンザリ……というママもいらっしゃるのでは?

でも“笑い”って、家族の健康にとっても、子育てにとっても、驚くべき効果があるものなんですよ。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、“笑いが人と家庭にもたらす効果”についてお伝えします。

 

■笑いが人にもたらす驚くべき「効果」

笑いは“ストレスを緩和し、免疫力や自己治癒力を高めてくれる”とされています。

なぜ笑うことで免疫力や自己治癒力が高まるのか? ということですが、人間の体には、癌などの異分子を排除してくれるリンパ球の一種であるNK(ナチュラルキラー)細胞というものがあります。

NK細胞の働きが活発だと、癌や感染症にかかりにくくなるそうなのですが、NK細胞は笑うことで活性化すると言われているのです。

笑いが体に良いことを証明した有名な逸話があります。

アメリカのジャーナリストである『ノーマン・カズンズ』は、ある日『強直性脊椎炎』だと医者から宣告されました。

心の状態と体の状態は深く結びついているという説をレポートしていた彼は、これを機会に、余命数ヶ月と言われている状態にも関わらず、他の治療と合わせながらも、コミックやコメディ映画を部屋に持ち込んで、毎日それらを観て笑って過ごしていたそうです。

数ヵ月後、驚くべきことに、症状が改善されていったそうです。後に彼は、『笑いと治癒力』という本を出版し、ベストセラー作家となりました。

そして日本では、過去にこんな実験も行われています。

1992年、大阪の演芸場で、癌や心臓病の人を含む19人の方々に、 漫才や新喜劇を見て大いに笑ってもらった後、“免疫力がどうなるのか”ということを、岡山県の『すばるクリニック』の院長と大阪府の『元気で長生き研究所』所長の医師が共同で実験しました。

実験は、たっぷり3時間大笑いしてもらい、その直前と直後に採血して、NK細胞の数値を調べるというものでした。結果、笑う前にNK活性の数値が低かった人は、すべて正常範囲までアップしたというのです。

その他、“笑い”には、鎮痛作用や、老化防止、美容効果、脳の活性化など、さまざまなプラスの効果があるともいわれています。

 

LINEで送る