「子どもと離れるのが寂しい」ママ70.1%も!育休明け後に後悔しないための下準備4つ

125296046

育休ママたちは保活戦線を乗り越え、職場復帰に向けていろいろと準備をし始めている時期でしょう。一方で、「ああ、もうすぐ4月になってしまう……」と子どもと24時間一緒に過ごしたこれまでの生活に名残惜しい気持ちになってたりしませんか?

かと言ってここで職場復帰せずに退職してしまうと、再就職が厳しい現状や子供の養育費のことも考えると復帰を選ぶママも多いはず。寂しい気持ちはあると思いますが、せっかく復帰するなら楽しくイキイキとワーママライフが送れるように準備したいものです。

そこで今日は、職場復帰しても寂しい気持ちにならないための“育休中にしたい、思い出を形に残しておく方法”についてお伝えします。

 

■育休明けに子どもと離れるのが寂しいママ「70.1%」

リアルネットワークス株式会社による2016年1月の調査によると、育休を終えて職場復帰することで子どもと離れてしまうことで不安や寂しさを感じるママが70.1%いるという結果が出たそうです。

保育園に入れることで、“色んなことを覚えてきてくれる”“お友達をつくるとこができる”“協調性が身に付く”などの良さはあるものの、やはり日々の成長が目覚ましい幼児期というのは、できるだけ一緒に居たいものですよね。

筆者のママ友たちも、今年の保育園に申込みはしたものの、「やっぱり離れたくないから、今年は見送ろうかな」などと悩んでいるママもいます。

保育園に入れることも、入れない選択を選ぶことも、正解はありませんので、その時のママとお子さんのタイミングが大事だと思います。

 

■職場復帰を選ぶママに!育休中の子供との思い出の残し方4選

また同調査によると、全体の88.0%が、「職場復帰後、通勤時や仕事の合間に子どもとの思い出を閲覧することで、仕事の励みや癒しになる(実際になった)」という結果が出ています。

職場復帰後に、子どものことが気になったり寂しい気持ちで仕事に集中できなくならないために、育休中の子どもとの時間を形に残す方法をご紹介します。

(1)写真館で写真を撮る

お宮参りやお食初め、ハーフバースデーの写真はほとんど寝ていたり、座った写真かと思いますが、育休明けの頃になるとつかまり立ちを始める赤ちゃんも多いかと思います。

子どもが頑張って立とうとしている姿は本当に可愛いですし、今までよりも写真の撮り方のバリエーションも増えるので、ぜひプロのカメラマンに、親子写真を撮ってもらってはいかがでしょう?