実は危険信号?「大人びた子ども」に育ててしまう親の特徴3つ

たまに、“大人びた子ども”に出会ったことありませんか? 大人びた子どもは、大人からすると、手がかからなくて楽な面もありますが、実はちょっと可愛気のない子に見えることも……。

しかも、大人びた子どもへと成長したのは、子どもが“子どもらしくいられない危険な状態”ということが言えるかもしれないのです。要するに、大人びた子どもは、身近な大人(親など)の対応、育て方で“背伸びせざるおえない状況”かもしれないということなのです。

今回は子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、“大人びた子どもになってしまう育て方”についてご紹介します。

 

■ 子どもが大人びてしまう育て方の特徴3つ

(1)共感しない

子どもが「あのね……」とおしゃべりしだした時に「そうだね、でもね」「あそこが片付いてないよ、やってきて」「わかったけど、後でね」などと、はぐらかしたり、自分の言いたい事を先に言っていませんか?

ここで子どもが怒って「ちゃんと聞いて!」となるなら健全ですが、こんな対応を繰り返すうちに、子どもは親に失望しあきらめてしまいます。それこそ、子どもらしくない“あきらめ”です。

(2)対応が一貫していない

お皿を食卓から流しへ下げたら、ある時は褒められ、ある時は「余計なことしないで!」と一喝されると言ったように、親が子どもに対して一貫した態度を取っていないと、子どもは大人の顔色を伺うようになります。

その行動の裏にあるのは、大人の笑顔を見たい、その一心なのですが、びくびくして周りを伺う態度は子どもらしいとはとても言えません。

(3)失敗を許せない

水をこぼす、お皿を割る、服を汚す、おもちゃを散らかすといった失敗とも言えない、子どもなら当たり前の行為をこっぴどく叱られる子は、当然ですが消極的になっていきます。

子どもは好奇心の塊を生き物にしたような存在。“良いか、悪いか”ではなく、“やってみたい”一心で行動します。

やりたい気持ちを評価されないどころか、親を怒らせ、不幸にするという事実は、子どもにとっては羽をもがれるような行為ということです。

 

■ 子どもが「子どもらしく」あるために出来ること

(1)話を聞いて共感する

共感するという行為は、「あなたの話を聞くのが嬉しいんだよ」というメッセージを伝えます。いつでも、どんなことでも聞いてもらえる子は、時に騒がしいものですが、おしゃべりで明るくなります。

(2)しつけは一貫した態度で、出来たら褒める

一貫していれば、してはいけない行為をしたときに叱ったとしても、自信を失う事はありません。自分が愛されている事を知っている子は、何か事を起こしたときも、素直に行為自体を謝る事が出来ます。

(3)最初は一緒に、段々と子ども自身で責任を取れるようにする

いきなり「片付けて!」「濡らしたところは拭いて!」と投げ捨てても、子どもはどうしたらいいか分かりません。

最初は一緒に「こうして片付けるんだよ」とやってみせて、次からは「この間やったみたいに、片付けてね」とお願いしましょう。

「一緒にやりたい」というときは、一緒にすることで、お片づけや後始末は当たり前の事になります。

そうして自分で責任の取り方を学んだ子どもは、失敗を自ら気をつけるようになりますし、親も安心して見守る事が出来るようになるのです。

 

いかがでしたか。

子ども達には可愛く素直に、愛されて大きくなってほしいものですよね。少し大目に許してあげるくらいで、伸び伸びと育ててあげてくださいね。

 

【画像】

※ Anastasia Shilova / Shutterstock

【著者略歴】

mica・・・夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住の子育てアドバイザー。暮らしニスタ、コラムラテ、阪急電鉄ブログでもコラムを執筆中。にて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

 

【関連記事】

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 息子を「小さな彼氏♡」扱いするのは危険!? 男の子ママが気をつけたい3つのコト

※ 男の子のママは特に気をつけて!「睡眠時間と肥満」のオドロキの関係が判明

恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

絶対にやめて!将来「子どもをダメにしてしまう」親のNG行動10個

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 

【姉妹サイト】

※ 

※