兄弟が多い子に学ぶ!一人っ子の「たくましさ」の育み方

80895958

兄弟が多いとたくましく育ち、一人っ子は繊細で打たれ弱いというステレオタイプの先入観がありますが、これは本当なのでしょうか?

筆者自身、四人の子を持ち、また、周りでも子だくさんの家庭を見てきましたが、確かに“兄弟が多い子ども”ならではの特徴はあるように感じます。

そこで今回は、子育てアドバイザーである筆者が、四児の母としての経験をもとに、“兄弟が多い子に学ぶ、たくましさの育み方と一人っ子への応用法”をお伝えします!

 

■兄弟構成で、おのずと決まる性格の傾向

あくまで傾向ではありますが、実際に四児の子どもを育てた経験から、兄弟の順番でおおよその性格の傾向が見えてくるように感じます。その傾向は以下の通りです。

(1)まとめ上手で聞き上手!面倒見GOODな「第一子」

自分より小さく、また不条理でワガママな弟妹たちの出現に翻弄される第一子は、面倒見がいいようです。小さい子のお世話も、サラっと自然にこなしてしまいます。

(2)空気を読む天才!臨機応変な「第二子」

上の子が叱られる様を、恐れおののきながら眺めていた第二子は、大人が出す“空気”を、瞬時に読みとる子が多いようです。家族のシリアスな状況にも、自然と“ピエロ”の役割をこなしてしまうのも第二子の得意ワザです。

(3)甘え上手!愛想よく表現豊かな「第三子」・「末っ子」

産まれたときから年上に囲まれる第三子や末っ子は、困ったときにうまく周りに頼れる“甘え上手”です。また、“マスコット的”な自分の役割も認識し、愛想がよく表現が豊かです。