一度に指示出ししちゃダメ!幼稚園の先生から学ぶ「子どもが行動しやすい伝え方」

まだ小さい子どもなのに「あれもこれもしてほしい」と、一度に多くの指示を出し過ぎていませんか?これでは子どもが混乱してしまいます。

そこで今回は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“幼稚園の先生から学ぶ子どもが行動しやすい伝え方”についてお話します。

 

■「幼稚園の先生」に学ぶ!段階的かつ具体的な伝え方

幼稚園の年少クラスで「お片付けをしたら、トイレに行って、手を洗って、それからお弁当の用意をして……」と指示を出すと子どもはなかなか動くことができません。

大人だったらさっと理解し行動に移せますが、子どもにとっては4つの指示を同時に出されているので「そんなに一度にたくさんのことを言われてもわからないよ!」となってしまいます。

この場合、幼稚園の先生は次のように伝えています。

(1)「まず最初に、机の上のクレヨンを道具箱の中にしまいましょう」

このときも“お片付け”という抽象的な言い方をしないで「クレヨンを道具箱の中に入れる」と具体的に指示を出しています。

(2)園児がクレヨンをしまったのを確認してから「では今からトイレに行きましょう」

(3)トイレから出てきた子どもに「手を洗いましょう」

(4)トイレタイムが終わり部屋に戻ってきた子ども達に「では、お弁当をバックから出しましょう」

この時も、どのように配置するか以下のように視覚的に見せていたりします。

百聞は一見にしかず。言葉は発した瞬間に消えてしまいますが、写真や文字はその場に留まってくれるので、わかりやすいのです。

 

■幼稚園の先生に習う「上手な指示出し」はコレ!

家庭での躾も、「お片付けしてからトイレに行って早く出かける準備しなさい」と一気に伝えるのではなく、この幼稚園の例を参考にしてみましょう。

(1)「積み木を積み木箱に入れて、ぬいぐるみは元いた場所に戻そう」(=「片付ける」という曖昧な指示は出さない)

(2)「トイレに行こう」

(3)「手を洗おう」

(4)「上着を着よう」

(5)「カバンをしょおう」

(6)「靴を履こう」

できたことをその都度、確認した上で次の指示を出します。これが出来るようになれば「出かける準備をしよう」の一言で一連の流れができるようになります。