【掃除、片づけ編】3歳児に家事を教えることは可能です!上手に出来るようになるコツ

毎日の家事労働、夫や子どもが食べる人、散らかす人の役割分担になってしまって、ママ一人がこま鼠のようになって休むことなく動き回っていませんか。

夫に対しては、「自分でやってよ!」と言えるかもしれませんが、子どもはすぐに出来るようにはなりません。だからこそ、家事を2~3歳くらいから子どもにやらせる“準備”をしましょう。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“子どもに家事を教える方法”についてお話しします。

 

■「お手伝い」という感覚を持たせない

忙しくしている妻に夫が「手伝ってやろうか」と言葉をかけることがあります。実は、妻がカチンとくる言葉の一つなんですよね。

妻は家族の一員として“平等な家事分担”を望んているのに“手伝い”とか“やってやる”の言葉自体が“それは元々俺の仕事ではない”というような、上から目線の感じがするからです。

大人である夫に今更、意識改革は難しいかもしれませんが、子どもには“お手伝いしてやっている”の感覚は持たせたくないですよね。

 

■子どもでも出来る家事9つ

かといって、まだ小さな子どもに、ママと同じようにすべての家事をやらせることは不可能です。でも、下記のことは2~3歳くらいの子どもでもできます。

(1)夕方になったら、家中のカーテンを閉める

(2)朝起きたら家中のカーテンを開ける

(3)家中のゴミをゴミ袋に集める

(4)ゴミの分別をして捨てる(イラストで分け方、入れるゴミ箱を明記しておけば出来ます)

(5)食べた食器を台所の流しまで運ぶ

(6)お皿、箸、スプーンなどのテーブルセッテイング

(7)食事前と後に雑巾でテーブルを拭く

(8)自分のオムツ、下の子のオムツを捨てに行く

(9)脱いだ洋服を洗濯カゴに入れる