「すごい」を「すっご~い!」にするだけ!? 褒め上手なママがしている3つのテクニック

何事にも前向きに取り組む“ポジティブ精神”を育むには、周囲から認められる経験が何よりも大切です。多くのことが初体験や初心者の子どもにとって、褒められることはとても重要な「やれば、できる!」精神の源。ママが的確にほめてあげることで、子どもはぐんぐん育ちます。

「子どもを褒めるなんて、ちょっと照れくさい」

「褒めようと思っても、なぜかいつも子どもへの注意になってる……」

そんなふうに感じているママに伝えたい、褒め上手になるための今日からできる“褒めテクニック”を3つご紹介します。

 

■1:大事なのは「具体的に」褒めること

「最高!」「すごすぎる!」こんなふうに、大げさに褒めなくていいんです。

「途中でやめずに、最後までやりきったね」「今日は昨日よりたくさんできたね」「この字、上手に書けたね」「初めて○○ができたね」

こんなふうに、“できたこと”を具体的に伝えてあげるだけでOK。「ちゃんと頑張れたんだ」「ママにわかってもらえたんだ」と子どもが自信をもつことができます。

何かを達成する度に「はいはい、すごいね」という素っ気ない態度では、「本当に、すごいと思ってるの?」と思われてしまいます。「何を」「どのくらいやったか」を“気づかせてあげる”くらいのつもりで、気軽に褒めてあげましょう。

 

■2:「風のたよりテク」で信憑性アップ!

職場や学校で「○○さん(上司や先輩)が、あなたのことすごいねって褒めていたよ」と言われて、とても嬉しくなった経験はありませんか?

自分が出した成果を多くの人が認め、他の場所で話題になり、褒められていることが分かると嬉しいですよね。家族のように“無条件に味方でいてくれる”人に褒められるだけでなく、外部の人にも認められ、褒められていることを知ると、喜びやヤル気がアップします。

「○○先生が、すごいねって言ってたよ」などのように、第三者が褒めてくれたことを伝えてあげましょう。「他の人も、そう思っているのだ」と知ることで信憑性が増し、より嬉しさが高まります。

“風のたよりテク”を効果的に用いて、子どものヤル気を引き出してあげましょう。

LINEで送る