夫婦関係も要因アリ…!? 「ヒステリック」に子を追い詰めるママにある共通の特徴って?

309122228

以前、駅構内で女の子を罵倒し蹴る母親の動画がインターネット上を駆け巡りました。ここまでいかずとも、ヒステリックに子を追い詰め、手を出してしまいそうになる衝動は、子育て期のママの多くが経験していることかもしれません。

お腹をいため、大切なはずのわが子に、そんな非情な感情を抱くのは一体なぜなのでしょうか?

今回は子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、母親が子どもにヒステリーを起してしまうのはなぜなのかを考えてみました。

 

ヒステリーは親子関係の“癒着”が原因かも!

特に第一子はママにとって自分の分身のような存在です。大切で愛している存在だからこそ、いろいろなことが心配になるうちに、子どもと自分との境界があいまいになります。これを心理学の言葉では、“癒着”と言います。まさに、離れているものなのに、くっついているような気がするという状態です。

子どもと癒着関係にある親は、子どもの問題、あるいは子どもが問題にしていないことでも、それを自分の問題として解決を図るため、結果的に過干渉になります。

 

そして問題を解決するための道筋を相手である子どもが辿ってくれない、つまり、自分のコントロール下にうまく収まらない時、とてつもなく苛立を感じるのです。このとき、ヒステリックに子どもを怒り、責めるという行為が起こりやすくなります。

転んだわが子に腹を立てた、あるいは、迷子になった子に怒りをぶつけたという経験はありませんか? それは子どもの問題を自分のものとして捉え、また、子の痛みを自分のことのように感じてしまっているからなのです。

 

ヒステリックなママが持つ2つの特徴

(1)パートナーとの関係が希薄

癒着が起こる心理として、“つながりたい欲求”があります。本来ならばパートナーである夫とつながるべきなのですが、そこの関係が希薄なため、子どもに執着してしまうのです。

LINEで送る