イマドキの保育参観は変装アリ…!? 子どもが家庭と保育園で「まるで別人」な理由

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

保育園に入園してもうすぐ3ヵ月。子どもも、ママたちも保育園生活に慣れてきた頃ではないでしょうか。

この時期になると多くの保育園が“保育参観”を行います。普段見ることができない、保育園での子どもの様子を見られる絶好の機会です。

保育参観で子どもの様子を見ると、「家庭では見せない子どもの意外な姿にビックリ!」なんてママも多いようです。

これにはちゃんと理由があるんですよ。

今回は、元・認可保育園園長の筆者が、“イマドキの保育参観”と、保育園での子どもの姿についてお話します。

 

■なぜ保育参観で変装するの?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

保育参観は、教室のうしろで見学をする小学校の授業参観などとは大きく違います。

保育園は生活の場、その日ごろの姿を見せることが目的のため、親だということが子どもに“バレないように”して見学をします。

まだ小さい子どもたちは、親の顔を見た瞬間からソワソワ。中にはママのところへ行きたいと泣いてしまうこともあります。

参観の方法は、保育園によって様々です。

(1)保育室の窓を全て隠し、のぞき穴から見る“監視型”

(2)完全に変装をして保育に参加しながら見学する“変装型”

どちらも親にとっては見つからないように息を凝らして見るので、かなりの“スリルと緊張感”の中で参観することになります。

“変装型”では注意も必要です。過度な変装は子どもたちに恐怖心や不信感を与えてしまうことになるので気を付けましょう。

筆者が保育園に勤務していた頃、黒いコートにサングラスにマスク、大きな帽子を被って園庭の隅で見ていたママに子どもがおびえ、誰も園庭に出てこなかったということがありました。(笑)

では、子どもが保育園と家庭で“まるで別人”になってしまうのはナゼでしょうか?

 

LINEで送る
別れさせ屋 熊本

topobzor.info

https://velotime.com.ua