脱バスタオルが節約の鍵!「お片づけ先生に聞く」カンタン夏の節水&楽家事テクニック

source:http://www.shutterstock.com/

全国的に異常な暑さが続き、“深刻な水不足”と言わた関東地方。

各ご家庭でも“簡単にできる節水”さらには、家事も楽になってしまうという嬉しい技をご紹介しましょう。

伊東裕美PF

 

■家庭での水の4割は風呂で使用されている

家庭の水道代は、下記の順番にお金が使われているといわれています。

例えば、今まで全く節水経験のない方が、「お風呂のお湯をペットボトルで増水させるようにしましょう。」と言われてもストレスに感じてしまうと思います。節水は、続けて行わないと、できたとはなかなか言えません。

つまり、生活するうえで簡単に無理なくできるところから始めてみると継続しやすいですよね。

source:https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/

 

■家庭で簡単!これも節水なの!? 3つのマル秘テク

生活するうえでストレスをなるべく感じないよう無理なく節水する方法

Photo by Author
Photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

 

(1)洗濯物を減らすテク!入浴後はバスタオルでなく「スポーツタオル」を

お風呂の際によく使われるバスタオルですが、“楽家事”第一主義の筆者の家庭では日常的にバスタオルは使用しません。

フェイスタオルより少し大きい、“スポーツタオル”を使用します。(約20~40×100~130cm)

このように、サイズダウンや薄手のモノにすることで、洗濯物が減り、乾きやすくなります。

更に、容量も減り、回数も減るので、“節約で節水で楽家事”が実現できます。

photo by author
(写真の左側、フェイスタオル。右側、スポーツタオル)
出典: ChillybinCrew(イットママ)

 

(2)うがいは「コップ」を使おう

帰宅し、手洗いうがいをする時にどうしていますか?

手を洗う際も、手を少し濡らしたら、水を止め、石鹸を付けてゴシゴシした後にまた水を出すようにします。

うがいの際は、コップを使用するとお水を出しっぱなしにすることを防げます。

 

(3)食器洗いには「大きめのボウル」を!

筆者は、食後の食器が洗い流しやすいように、桶ではなくキッチンでよく使うボウルを活用しています。

なぜなら、桶は場所をとり、存在感もありあすぎ、更には桶にも気を配り洗わないといけません。

筆者と同様、めんどくさがりの方は、大きめのボウルで十分です。

食事作りで使用したボウルをそのまま活用できるから便利! 水を貯めておき、しつこい汚れの食器だけつけておくようにしています。

桶がないご家庭は、大き目のボウルを有効に活用しましょう!

 

いかがでしたか?

節水や節約は、とても大切なことです。

しかし、お片づけと同様、究極の節約(整理)を最初から求めず、まずは無理なくできることからスタートするとコツをつかめ継続できるようになります。

簡単に誰でもできる節約法をぜひお試しください。

 

【参考・画像】

※ Maryna Pleshkun / Shutterstock

【著者略歴】

伊東裕美・・・整理収納アドバイザー。【子どものお片づけ教育活動】人・モノの気持ちを考えられる優しい子、子ども達が生活の中で主体的にお片づけができるよう、保育園や幼稚園、イベントなどで子どものお片づけ教育活動も実施。

【関連記事】

【お片づけ先生直伝!#4】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~片づけるタイミングを明確にする~

【お片づけ先生直伝!#3】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~子どもが片づけられる「仕組み」をつくる~

【お片づけ先生直伝!#2】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~モノにも“気持ち・命”がある~

【お片づけ先生直伝!#1】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~絶対怒らない!~

リビングのTV台を大活用!「2分で2歳の子どもがお片づけできる」仕組みって?

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 

※ 

【姉妹サイト】

еще по теме kapli.kiev.ua

www.fiat.niko.ua

www.steroid-pharm.com/tb-500.html