【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#25 スーパーで「お菓子買って」と毎回地べた泣きします。

tekito-25
(C)あべゆみこ

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第24回は『お気に入りの同じ服ばかり着たがるのですが…』の疑問にお応えしましたが、第25回のテーマはこちら。

 

tekito25

スーパーのお菓子コーナーで「このお菓子、買って!買って!」の地べた泣きが始まると、つい「泣き声がうるさくて周りに迷惑がかかる」と思って「だったら今日だけ特別よ」と買い与えていませんか?

こうして毎日が“特別な日”になっていませんか?

ダンゴ虫のように地べたにひっくり返っても、服が雑巾のように汚れようとも「いくら泣いても買ってあげませんよ」の親の態度を貫きましょう。もし、大人の方が先に折れて買い与えてしまうと子どもは「親が困るように大騒ぎすればお菓子が手に入る!」と学習してしまいます。

そして泣き声は毎回バージョンアップし、買ってくれるまで泣き叫ぶ悪循環に陥ります。

tekito-2.1-1
(C)あべゆみこ

 

■出かける前に約束させましょう

店内に入り、色とりどりの美味しそうなお菓子が目に入ってしまうと「今日はお菓子は買わないわよ!」と言っても聞き入れるわけがありません。

出かける前、次のように家で約束をさせておきましょう。

あえて子どもにも“です・ます調”の丁寧語で話しかけると効果的です。いつもと違う空気、雰囲気となり子どもも覚悟を決めます。

「今から夕飯の買い物に行きます。今日はお菓子は買いませんよ。もし『飴、買って~買って』と騒ぐんだったら、お買い物に一緒に連れて行けないけれどどうしますか?」と言って“夕飯の買い物だけする”ことを事前に約束させましょう。

そして、店内に入る前に「さっきの約束はなんでしたか?」と再度、質問しましょう。子どもは「お菓子は買わない」と言います。ママは「正解。お菓子は買いませんよ。ではスーパーに入ります」と念押しするのです。

おそらく店内に入った直後は駄々をこねないでしょう。その絶好のタイミングを逃さないで「ちゃんと約束を守れて本当にエライね。我慢できていて立派だよ」とすかさず褒めましょう。

profvest.com/

www.best-mining.com.ua

Узнать как анаболические стероиды купить в любом городе.