子どもが「絵を描くのは好き、字を書くのは嫌い」になる理由

shutterstock_85975285
source:https://www.shutterstock.com/

子どもって絵を描いたり、字を書くのが好きですよね。けれども中には文字の練習が“嫌なお勉強”でお絵描きが“楽しい活動”と思っている子もいます。

どうしてこんな風になってしまったんでしょうか。実はこれ、大人の対応が原因だったりします。

そこで今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話します。  

profile02

ダメ出しをされない子の絵

shutterstock_46569418
source:https://www.shutterstock.com/

子どもが一生懸命、描いたママの顔の絵。髪の毛がチリチリパーマで歯が出っ歯。おまけにアイシャドーは真っ青です。口紅は赤いクレヨンでグルグル塗りです。

でも「なにこれ?ママはこんなに歯は出ていないわよ」とか「こんな昔風の派手な化粧はしていないでしょ!」と叱ることはありませんよね。

幼い子どもが描く絵って顔が異常に大きく、首がなく、顔面からいきなり胴体、手足が出ている絵を描きます。「ママはそんなに顔は大きくないわよ!小顔よ!」とか「首がない変な絵ね!」と注意することもありません。

また、子どもは印象が強い物を大きく描きます。だから顔が大きめになります。家族の絵を描いたときパパは豆粒のようで、ママが大きく描かれている場合、ママが一番存在が大きいからだったりします。

子どもは「まあ、ママの絵を描いてくれたのね。嬉しいわ。上手ね」と褒められるので嬉しくなります。ダメ出しをされないので、意欲は削がれることなくますます描きます。そして、だんだんと絵らしくなってきます。

 

子どもが「文字が嫌いになる」理由

ところが文字となると態度を180度豹変させてしまうママがいます。

筆順はめちゃくちゃで、“止め・跳ね・払い”なんか無視して塗り絵状態。なんて読むか判別不可能なお化けのような字だったりすると「その順番違うでしょ。ここから書くの!」とか「なんて読むかこれじゃあわからない。もっと練習しないとダメよ」と叱ります。

こうして、字を書くとママが怖い顔をして注意するので、次第に文字を書くことが嫌いになっていきます。

 

「同じ表現活動」なのにママの態度が違う!

shutterstock_85975285
source:https://www.shutterstock.com/

絵を描くことも文字を書くことも子どもにとっては同じ表現活動です。

「絵はお遊びだけど、文字や数字はお勉強」と分けてしまうと、親の態度も “絵だと叱らないのに、文字や数字だと注意する”となってしまいます。子どもが絵を描いているときは微笑んでいるけれども、字を書いているときは睨んでいる人もいます。

こんな経験を積み重ねていくうちに、子どもは「絵を描いても叱られないからもっと描きたい。でも、字や数字を書くとママはいちいち直したり怒ったりするのでもう書きたくない」となってしまうのです。

ママから見てどんなに不満な文字でもまず「一生懸命書いたのね。上手ね」と褒めてやりましょう。

もちろん文字には“上から下、左から右”の筆順の原則があります。どこかで教えなくてはなりません。そんな時は「その順番じゃあダメ!」のような否定的な言い方ではなく「字を書くときは、絵を描くときとは違って一方通行のルールがあるのよ。上から下、左から右に書いてみよう」と肯定的に伝えましょう。

 

 

学習と勉強もそうです。机に向かっている姿は同じでも似て非なるもの、心の在り方は全く違います。

“学習”は“学”と“習”。“学んで習って身に付ける”こと。“習”の漢字の成り立ちは鳥が百回羽をバタバタさせて技を取得する由来があります。

“勉強”は“勉”と“強”。“強く、勉(つと)める=無理して行なう”こと。つらい試練の意味で使われます。

例えばお客に無理難題言われ値段を下げるとき「勉強しておきまっせ」と言ったり、人から注意されて「勉強になりました。以後、気を付けます」といった具合です。

子どもにとっては絵も文字も数字も勉強の意識はなく、なんでも学習なのです。ですから、どんな文字を書いても否定しないで認めてあげましょうね。

【画像】

※ YanLev 、Levent Konuk / Shutterstock

【関連記事】

完成品のおもちゃは飽きやすい!? 「子どもの想像力をかきたてる」意外なモノ4選

想像力育むにはコレ!子どものコミュ力高めるオススメ「見立て遊び」3つ

超一流キッズが通うスーパー学童に学ぶ「リーダーになる子」の15の観点

※ 子どもの創造力を伸ばすために親がやってはいけないこと4つ

※ 

※ 

※ 

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ ママたちが教えてほしい「葉酸のフシギ」!管理栄養士が解説します

肌荒れとオサラバ!新米ママ必見「赤ちゃんの正しい洗い方」3ステップ

【参考】

#cover_honyasan_AAA04

※ 

※ 

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・著者・講演家・元幼児教室経営者。自閉症児の子育て中。著書に

【】
ChillybinCrewでは、日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、「[email protected]」にてママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報を配信しています。

12月31日までにお友達追加してくれた方には、です!

詳しくはこちらから!▼