過保護・過干渉の「ヘリコプターペアレント育児」子どもへの影響は…?

「子どものために良かれと思って……」子どもが困難にぶち当たったとき、パタパタパタと飛んできて助ける。子どもが困らないように頭上を旋回し見守る。これが行き過ぎると“ヘリコプターペアレント”になってしまいます。

そこで、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が教育専門家としての経験を元に“ヘリコプターペアレントに育てられると、どうなるか”についてお話します。
 

筆者は仕事で保育園や幼稚園で多くの幼児に接してきましたが、こんな光景がありました。

●忘れ物

保育士が持ち物のハンカチやタオルを忘れた子に「忘れ物をしないようにね」と注意すると「だってママが入れてくれなかったんだもん!」と親のせいにする。

 ↓

子どもは帰宅後「ママ、どうしてハンカチ入れてくれなかったの」と親を責める

 ↓

母親は「ごめんね。ママが入れ忘れちゃって……」と子どもに謝る

 ↓

次回、忘れたときは、ママが保育園に慌てて飛んできて届ける。

これが“ヘリコプターペアレント”です。

子どもはどうなるかというと…

・自分の物を自分で準備する習慣がいつまでもつかない

・忘れ物をしても人のせいにして、自分のことを反省しない

結果、“自分のことを自分でできる子”になかなかなれないのです。

 

子ども同士の喧嘩

(C)あべゆみこ

「優しい子になってほしい」「友達とトラブルを起こしてほしくない」この思いが強すぎて、まだ喧嘩をしていないうちから「仲良く遊ぶのよ」と釘を差すパターン

また、トラブルを起こすとなんとかして「ごめんね」「いいよ」の謝罪や許容の言葉を子どもの口から必死に引き出そうとして、形式的に謝らせるパターン

(C)あべゆみこ

子ども同士本気でぶつかって喧嘩して、心から反省したときに謝り、心から許せるときに許しの言葉を言わせないと、社会性やコミュニケーション能力は育っていかないのです。

 

すぐに親が代弁する

保育参観日。制作の時間に保育士がクレヨンを子ども達に配りました。一人の子どもに配り忘れてしまいました。子どもはモジモジしています。すると後ろにいた母親がすかさず「先生、うちの子にクレヨンがないのですが」と言ってきました。

でも、ここで気が付いても放っておくほうがよいのです。なぜなら「先生、僕のクレヨンがありません」と言わせることで自分が困ったときに他人に助けを求める、SOSを出せるようになるからです。

いつまでも親がずっとそばに寄り添って見張って、子どもが困ったときに助けてやれるわけではないのですから……。

 

小学生になったら…

筆箱を学校に持っていくのを忘れたとき「筆記用具がないと困るだろう」と届けてしまったら子どもはどうなるでしょう。

・勉強道具を届けても、親が届けてくれると思っているので忘れ物に注意しなくなる

・先生や友達に「鉛筆、忘れたので今日一日貸してください」のSOSを出せなくなる

だから届けない方が子どものためになるのです。

 

子育ての目的は最終的に“自立”と言われていますが、幼児期に失敗したり困ったりする経験を積ませ、自分で「今度はどうすればよいか」考えさせることが自立につながっていきます。

過保護、過干渉になる“ヘリコプターペアレント”にならないように注意しましょうね。

 

【画像】

※  Iren_Geo / Shutterstock

【関連記事】

※ 恐るべし「イヤイヤ」期!親がやってはならない最悪の対応3つとは

※ 2歳~3歳児の言葉の遅れ、もしかして自閉症?4つのチェックポイント

※ 

※ 

【書籍】

※ 

※ 

※ 

※ 

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・著者・講演家・元幼児教室経営者。自閉症児の子育て中。著書に