【3~6ヶ月】ハイハイまであと少し!ママと簡単「うつ伏せ遊び」3つ

出典:

新生児期が過ぎ3~6ヶ月頃になると、徐々に赤ちゃんも遊ぶことができるようになってきます。

今回は元保育園園長である筆者が、ママと赤ちゃんが楽しくできる“うつ伏せ遊び”の方法などについてお話しします。

ハイハイの下準備うつ伏せ遊び。始める目安は「首座り」

3ヶ月くらいになると首が座る子も出てきます。

すると今までの首を腕で支える横抱きから、“たて抱き”など抱っこの仕方も幅広くなりますよね。

今までは仰向けのままだったのが身体を自分で動かすようになり、寝返りの練習も始まります。

この頃からうつ伏せを少しずつ慣らしてあげることがオススメです。

うつ伏せになると、赤ちゃんは自力で頭を上げようとします。そうすることで首の筋肉が鍛えられ、首の座りもしっかりするという効果もあります。

できるだけ固めのマットや畳の上などにすると体も動かしやすく、逆に柔らかいマットの上だと身体を動かす時に身体が埋もれて動きにくくなる場合があります。

また、うつ伏せにしている時は絶対に目を離さないことです。まだ自力で仰向けに戻ることができない赤ちゃんは、特に気を付けて見てあげましょう。

うつ伏せは、ハイハイをするための準備段階でもあります。

しっかりハイハイができるようになるためにも、うつ伏せで遊びながら身体の発達を促してあげることが大切です。

次項では、実際にどのような遊び方ができるのかご紹介します。