【6ヶ月~】この4点を押さえて!管理栄養士ママが使った「時短離乳食」便利アイテム

出典:

離乳食の開始時期が近づくと何を用意したらいいのか、どのように調理したらいいのかわからないなど、不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

また、子育てに家事にと毎日忙しいママ業では“時短”が欠かせないですよね?

そこで、今回は離乳食を時短で作っていた管理栄養士の筆者が、実際に使用したアイテムを4つご紹介します!

▶ 「旬野菜で大人&離乳食レシピ」シリーズはこちら!

 

 管理栄養士がオススメ!「時短離乳食」調理アイテム4つ

(1) 少量の食材のうらごしに♪「茶こし」

出典:

離乳食初期~中期は、うらごしした食材を食べさせますよね。しかし最初の方はスプーン1杯程度から離乳食は始まりますので、そんなに量は必要ありません。

裏ごしした食材を少量調理する場合には、“茶こし”が便利! 離乳食キッドをわざわざ買わなくても離乳食は簡単に作れます。

食材を柔らかく茹でて茶こしでうらごしして食べさせてあげましょう。

 

(2) うらごしを大量に作るのに便利な「ハンドブレンダー」

出典:

うらごしした離乳食を大量に作りたい場合には、ブレンダーをオススメします。

ハンドブレンダーを選ぶ時に大切なのは耐熱温度。筆者が実際に使用しているデロンギのハンドブレンダーは耐熱温度が100度なので、鍋で茹でた直後のアツアツな食材を入れてすぐに調理にとりかかることができます。

コードレスタイプは少し値が張りますが、調理する場所を選ばないのでとっても便利ですよ! コードの有る無しはキッチンの環境を考えて選びましょう。

 

(3) たくさん作って冷凍保存に便利!「製氷皿」

出典:

ハンドブレンダーで潰してたくさん作った食材を製氷皿に入れ、冷凍庫で固めます。

筆者は主に100円ショップでそろえた、色々な大きさの製氷皿を使っています。色々な大きさの製氷皿を用意しておけば、食材によってひとまとめにする量を調整することができるので便利です。

赤ちゃんは成長とともに食事量が増えたり、食材の形状が変わったりしますので、その都度用途に合わせたものを買い足していくといいですよ!

 

(4) 凍らせた離乳食の保存に!「フリージング用ストックバッグ」

出典:

離乳食が凍ったら製氷皿から外し、フリージング用ストックバッグに入れ、冷凍庫で保存をします。

赤ちゃんに食べさせるときは器に移し、600wのレンジで約30秒間加熱して解凍するだけ♪ 筆者は冷凍した離乳食は衛生面を考えて1週間以内に使い切るようにしていました。

 

いかがでしたか?

筆者が離乳食のために準備したアイテムは上記の4つだけです♪ 少ないアイテムでも時短で栄養満点な離乳食が作れますので参考にしてみてください。

赤ちゃんもママも笑顔で離乳食を楽しめますように……。

 

【参考・画像】
※ amazon
※  Natee K Jindakum / Shutterstock

【関連記事】

※ 【5ヶ月】便利な「レトルト離乳食」!この秋ママに嬉しい新商品が登場

※ 時間や量はどうすればいい?離乳食「2回食」への切り替えタイミングと方法

※ 「離乳食食べてくれない(涙)」食べ物の説明をすると効果的って本当?

 

【関連記事】

管理栄養士:Hitomiさんの「旬野菜で大人&離乳食レシピ」シリーズはこちら!

※ 大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(白菜編)

※ 大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(玉ねぎ編)

※ 大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(にんじん編)

※ 

※