キッズデザイン賞受賞式に潜入!注目の「子育てグッズ&サービス」9選

出典:

先日9月22日に、「第11回キッズデザイン賞」受賞作品の受賞式が行われました!

キッズデザイン賞とは、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスに贈られる賞です。

子ども向け商品のみならず、建築物やアプリ、取り組みなどすべてのものが受賞の対象となっており、この11年間での総受賞点数は2,000点を超えています!

そこで今回は現在子育て真っ最中の筆者が“キッズデザイン賞の授賞式”を取材してきました! ママ目線で受賞作品をピックアップしてご紹介します。

 

アイテムからアプリまで!ママ目線で気になる「内閣賞など受賞作品」6つ

(1)あったら便利を叶えた!「駅すぱあと for Pigeon.info」

 

出典:

子どもを連れて電車に乗るとき、ママは「乗り換えで階段しかない経路かもしれない」など不安に思うこともありますよね。

この『駅すぱあと for pigeon.info』は、なんと経路に加えエレベーター情報や多目的トイレなど、子連れのママに助かる駅情報のあらゆる情報を知ることができるんです!

通常の乗り換え検索サイトのような“速さ・安さ・楽さ”とは違い、上記の情報を総評した“やさしさ度”として表示される遊びココロも満載。

ママのおでかけ時の経路検索の時に役立てることができますよ!

 

(2)スマホで簡単に医師に相談できる「小児科オンライン」

出典:http://chillybincrew.info/

少子化の時代にも関わらず、小児科にかかる子どもの数は増えているといいます。しかし増えているのは子どもの病気ではなく“ママの不安”からなんだそう。

確かに新米ママ時代は、初めての子育てでとにかく不安になり何かあればすぐにお医者様へ駆け込んでいた記憶があります……。

『小児科オンライン』は、専門医と「LINE」や「Skype」といった既存のアプリで10分間のしっかりと相談できます。これならママの不安を取り除いてくれるでしょう。

動画や写真で子どもの様子を伝え、大変な外出をしなくても“安心”が得られるのは素晴らしいです。

 

(3)産後直後の体もいたわる!「授乳チェア HugHug(はぐはぐ)」

出典:http://chillybincrew.info/

こちらはパラマウントベッドの授乳チェア。

実際に座ってみましたが、見かけではわからない空洞があり産後の痛みまで考慮されて作られていることに感激しました!

自分が出産した時もこんな椅子が欲しかったと思いました。

 

(4)爆発的大ヒット!子ども大好き「うんこ漢字ドリル」

出典:http://chillybincrew.info/

書店に行けば必ず平積みされていて、筆者の娘も見るたびに興味津々!

実際に手に取り見てみましたが、全て“うんこ”を絡めた例文でニヤニヤしながら漢字を覚えることができる、こちらも受賞となりました。

 

(5)「キッズリー保育者ケア」

出典:http://chillybincrew.info/

ママと同じくらい子どもたちと向き合い子育てに貢献してくれる、“保育者”の方々。しかし保育者の労働環境などについても、色々と話題になっていますよね。

理解のない上司や就業環境などで、保育者達のモチベーションが下がっている現実を見聞きします。

『キッズリー保育ケア』は保育園・幼稚園の“現場向けサービス”です。

今まであまり重要視されていなかった分野だと思うので、とても画期的だと思いました。

 

(6)dr.label Baby Carrier

出典:http://chillybincrew.info/

小児科や産婦人科の医師が開発に携わったこちらの抱っこひもは、なんと生後1ヶ月から使用できるそう!

股の部分も調節でき、赤ちゃんの成長に合わせて使えるのがとても良いなと思いました。

 

他にもこんなものも!子育てにオススメ受賞作品

(7)30秒でお着替え完了!「ラクラクふわふわバルーンオール」

バルーンオール出典:

以前、ChillybinCrewの記事でもご紹介した『ラクラクふわふわバルーンオール』も受賞商品でした。

紐を全て無くし、ボタン2箇所とウエスト部分がゴムになったバルーンパンツで簡単お着替えを実現した商品です。

 

(8)レンジで簡単除菌!コンビ「除菌じょ~ずα」

出典:

こちらの入れ物に哺乳瓶などと一緒にお水を少々入れて、レンジでチンすれば簡単に除菌ができるコンビの便利グッズ♪

簡単・時短は忙しいママには必須です!

 

(9)食事タイムが楽しくなる!アヴァンシー「竹のプレート+スプーンセット」

出典:

こちらも食べ散らかしのお悩みを解決する食器としてChillybinCrewの記事で紹介された商品

お皿の裏側が吸盤になっているのでテーブルに固定することができます。

 

いかがでしたか?

ママとして今回の「キッズデザイン賞受授賞式」を取材し、たくさんの企業・人々が子どもに優しい商品やまちづくりに関わっていることを改めて認識することができました。

確かに子育てしにくい場面も多い日本ですが、こうした取り組みが続くのはとても頼もしいことだと筆者は思います。

受賞作品一覧もネット上に公開されていますので、みなさんも目を通してみてはいかがでしょうか。

 

【画像・参考】
※ 著者撮影
※ ※ ※ 
※ file404 / Shutterstock

【関連記事】

ママにおすすめ便利グッズの紹介記事はコチラ!

【8ヶ月~】持ってきて良かった!「外食時の便利グッズ」5選

目を離すとキケン!? 赤ちゃんの「寝返り防止」便利グッズ5選

生後1ヶ月から「お風呂デビュー」!用意しておきたい便利グッズ3つ

※ 

※ 

別れさせ屋 鹿児島県

ry-diplomer.com/medicinskij-sertifikat-specialista

www.220km.com/category/gm/