ポロリにご注意!? 母乳育児におすすめ「授乳ケープ」5つ

出典:

赤ちゃんは自分の欲求に素直なので、「抱っこして!」「おむつ替えて!」と泣いて主張しますよね。

赤ちゃんの主張の中でも一番困るのが、外出時の「お腹空いた~!」の主張です。ミルク育児ママももちろん大変ですが、胸を露出する必要がある母乳育児ママは、授乳場所に困るものです。

赤ちゃんのギャン泣きに焦り、場所を構わず授乳してしまうママもいるかもしれませんが、意外に見られているかも!?

そこで今回はChillybinCrewライターYunoさんの人気記事より、母乳育児ママの外出時の苦労話と、外出時に役立つ授乳ケープをご紹介します。

 

赤ちゃんギャン泣きで大変!「外出先での授乳」苦労エピソード

大きなショッピングモールや百貨店には、ほとんど授乳室が設置されていますよね。

もちろん、そんな場所の方が人の目を気にせず、安心しておっぱいをあげられるからぜひとも使いたいところ。

でも、土日の授乳室はママの行列で並ばなくてはなりません。

だいたいお腹がすいて泣いているから授乳室に行っているのに、そこで並んで待つなんてほぼ不可能ですよね。

生後2、3ヶ月であれば2~3時間に1回授乳が必要になるので、本当に大変です。

「外出の時はミルクにすれば良いのに」と周囲に言われる方もいるかもしれませんが、そんなに単純な問題でもありません。

「外で授乳をするなんて、恥ずかしくないのかしら?」と思われる方もいるかもしれませんが、赤ちゃんは待ってくれないし、そうするしかない事情がそれぞれにあります。

次に、外出先での急な授乳に役立つアイテムの1つ、授乳ケープをご紹介していきます。

 

外出時もこれなら安心♪「授乳ケープ」5選

(1)海外セレブも御用達!「ベベオレ」

出典:

『ベベオレ』はアメリカ・カルドルニアのブランドで、おしゃれママが使っているのをよく見かけます。

首元かワイヤーになっているので、赤ちゃんの顔を見ながら授乳することができるのがポイント。赤ちゃんもママの顔が見えるので安心ですね♪

 

(2)優しい色合いの和柄がオシャレ♪「スイートマミー」

出典:

授乳ケープに珍しい“和柄”が印象的です。

こちらの柄以外にも“水墨画”のような印象を受けるデザインがオシャレ感を演出します。

 

(3)ガーゼ素材が優しい「El Viento」

出典:

こちらの授乳ケープはガーゼ素材でできており、通気性バツグン!

これから冬に向けて徐々に寒くはなりますが、すっぽり服の中に入ってしまうと赤ちゃんはおっぱいを飲むだけでも汗をかいてしまうもの。

これなら通気性が良いので、赤ちゃんの“汗だく”防止にも繋がるのではないでしょうか。

 

(4)モノトーンがオシャレ度を増す「Petunia Pickle Bottom」

出典:

赤ちゃん用品といえば、比較的パステルカラーなど優しい色使いのアイテムが多いですが、コチラは白と黒のモノトーンとなっています。

よく見ると裾部分にチャックがついているので、使わない時には折り畳んでチャックの中にインすれば、コンパクトになるので鞄の中の収納に困りません!

 

(5)ベビーカーブランケットにもなる「スイートベビー」マルチ授乳ケープ

出典:

こちらは授乳ケープとしてだけではありません! ベビーカーや抱っこ紐でお出かけの際のブランケットにも鳴るマルチな一石二鳥な授乳ケープです。

裾部分にゴムが入っており、赤ちゃんの足元を緩やかに覆ってくれるのが良いですね。

 

いかがでしたか?

「見られても大丈夫!」と思っていても、周りにいる他人は意外と見てハラハラしているかも……?

授乳ケープを付けることが周りの方への配慮にも繋がります。お出かけアイテムの1つとして忘れずに持ち歩いてみて下さいね。

【画像・参考】
※ ※ ※ ※ ※

【関連記事】

ママにおすすめ「授乳時のトラブル」における人気記事はコチラ!

服が母乳でビショビショ!? ママ90%が必要とした「母乳パッド」とは

よそのパパが授乳ガン見!? 「授乳室・ベビールーム」での非常識行動

トイレ授乳で、ほんとにイイの?「母達が黙っていない国」の例

※ 

※ 

LINEで送る