もう無理…夫がウンザリする「妻との会話」4つ #04【逃げられ妻】

出典:

いつまでも仲の良い夫婦関係を続けていくためには、コミュニケーションは何よりも大事なもの。

なので、夫が嫌な気分になるような話ばかりをしてしまうと、どんどん会話も減っていき、ふたりの関係性もぎくしゃくしちゃうでしょう。

そこで今回は、『ひとのパパ見てわがパパ直せ』の筆者が、“夫がウンザリする妻との会話”をご紹介します。

夫がウンザリする「妻との会話」4つ

(1)「一日の全て」を報告してくる

「今日はランチにパスタを食べてね、その後ママ友たちと……」と、一日の出来事を事細かに全て夫に報告しようとする。意外とそういったことをやってしまう女性は多いです。

でも、仕事で疲れて帰宅した後にそんな話を妻から聞かされたら、確実に夫の疲れは倍増してしまいます。

色々と夫に話したいという気持ちはわかりますが、特にこれといったトピックもない日記のような話を毎日のように聞かされたら、夫としては苦痛でしかないでしょう。

何から何まで話そうとするのではなく、まずは「これは夫に伝えたい!」と感じたことを話すようにしましょう。

 

(2)「話を遮る」ことが多い

出典:

自分がまだ話している最中なのに、その話を遮られたらものすごく腹が立ちますよね。しかも、遮った後に自分の話をし始めたりしたら、「自分のことしか考えていない女」とも夫に思われてしまうでしょう。

会話はキャッチボールなので、自分勝手に話し続けるのではなく、夫の話にもきちんと耳を傾けてあげることが大事です。

自分の話したいことが頭に浮かんでも、夫が話している最中であったなら、まずはその話を最後まで聞いてあげないと、夫だってあなたの話を聞こうとは思ってくれなくなりますよ。

 

(3)途中で「脱線」ばかりする

話している最中に、話がどんどんと脱線していき、最終的に何が言いたかったのかよくわからないまま終わっていく。

女性の会話に多く見られがちで、男性が正直うっとうしいと感じるのがコレです。

話にまとまりがないですし、なかなかゴールにもたどり着かないので、途中で聞くのも嫌になってしまうというのが夫の本音でしょう。

女性同士であればいいのかもしれませんが、男性はまとまりのない話を聞くのをとても苦痛に感じるので、まずはひとつの話を終わらせるということを意識するようにしましょう。

 

(4)「他の家庭」を羨んでばかりいる

「○○さん、一軒家買ったんだって」「お隣さん、新しい車買ってたよ」「○○さんのパパって、すごいイクメンなんだよ」。

こういった他人を羨むような話を妻から聞かされるのは、男性にとっては屈辱でもあります。

まるで自分がダメだと言われているような気分になるので、ショックを受けますし、イラ立ちも覚えるはずです。

女性からすると、何気ない会話のひとつとして言っているのかもしれませんが、夫のプライドを激しく傷つけている可能性も高いので注意した方がいいでしょう。

 

いかがでしたか?

楽しく会話ができなくなってしまうと、確実にふたりの間に距離ができてきてしまいます。

ただむやみに会話をすればいいというものではなく、相手の気持ちも考えながら会話をすることが、まずは一番大事なことでしょう。

 

【画像】
※  Iakov Filimonov、g-stockstudio / Shutterstock

【関連記事】

いま大人気の新連載「逃げられ妻」の前回の記事はコチラ▼

あぁブロックしたい…夫がゲンナリする「妻からのLINE」4つ #03【逃げられ妻】

「居心地が悪い…!」と夫が感じる妻のNG行動4つ #02【逃げられ妻】

お金の話はタブー!? 夫に「言ってはいけないこと」4つ #01【逃げられ妻】

※ 

※ 

LINEで送る