まだオムツでも平気…?「幼稚園入園前」に心がけたいこと4つ

source:https://www.shutterstock.com/

そろそろ幼稚園の願書提出が近づいてきましたね。子どもにとっても初めての幼稚園ですが、ママにとっても“初めての幼稚園”です。

きっと楽しみな期待に満ちた気持ちと同じくらい、不安や心配な気持ちも抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は元幼稚園教諭であり4児の子育てをしている筆者が、自身の経験を元に入園前の不安を楽しみに変えるコツをお伝えします。

きっと心が軽くなると思いますよ!

 

 ママ達が一番不安なのはオムツ!? 入園前の「不安を楽しみに変える」4つのコツ

source:https://www.shutterstock.com/

(1)ママ達の一番の不安「オムツ」は無理に取らないで!

入園を4月に控えているものの、まだオムツを使用していることに焦ってしまうママもいるかもしれません。しかし、ここで焦ると逆効果です。

幼稚園の入園を前に焦って子どものオムツ外しをしたところ、できていた他の事ができなくなってしまった子どもをたくさん見てきました。

オムツが外れることは成長の段階で大切なことですが、そのゴールを幼稚園の入園に設定しないことが重要です。

オムツを外すことと、幼稚園への入園は別に考えると良いでしょう

万が一、幼稚園の入園時にオムツが外れていなくでも大丈夫! そこは、幼稚園の先生の力を借りて、園と家庭との連携でパンツになれたら良いですね。

筆者が担任した子の中には、数名オムツの子がおりましたが、入園して園生活になれた5月中旬ころには、だいたいのお子さんがパンツで生活できるようになりましたよ!

 

(2)一人でトイレの心配は、「お出かけ先」で練習しよう!

園によってトイレのタイプは様々ですが、男の子なら立っておしっこができたほうが良いようです。また少なくなってきましたが、“和式便座”の園もあります。

筆者はわが子達に、お出かけのときにトイレの練習をさせていました。

男の子の場合は、パパに教えてもらうのも良いでしょう。またショッピングセンターのトイレだと、女子トイレに男の子便器があることが多いですから、そこで練習することができます。

お出かけ先のトイレが和式の場合には、そこで和式トイレの練習になりますね。

自分で衣服を下して、用を足し、ペーパーで拭けるという一連の流れが自信を持ってできると、トイレに不安がなくなりますよ!

 

(3)「自分のことは自分でできる」ように練習しよう!

今までは「やってあげていた」ことも、これからは、子どもが「自分でできるように手伝う」スタンスにしましょう。

例えばトイレ後に手を洗って拭いてあげていたなら、今後は子どもが自分で手が洗えるように工夫しましょう。

自分で手を洗うための台やタオルを準備し、蛇口のひねり方、手の洗い方をゆっくり教えてあげましょう。

最初は時間がかかるかもしれませんが、子どもの「自分でできた!」という経験が成長を促します。ぜひ、子どものできた! を伸ばしてあげることのできるママになってくださいね。

 

(4)入園前でも大丈夫♪先生をどんどん頼ろう!

初めての園生活、初めてお子さんと離れるママもいると思います。心配で当たり前、不安で当たり前です。

大切なのは、心配や不安をそのままにしないこと。子どもにとって幼稚園は生活の場になり、先生はママのように頼って良い存在になります。

入園前だからと遠慮せずに、不安や心配は園に問い合わせてください。

注意点としては保育時間などもありますので、初めての電話の際に“連絡しても大丈夫な時間帯”を確認しておくと、以降電話しやすいと思います。

 

いかかでしたか?

“幼稚園=心配”な気持ちが、“楽しみ”になって頂けたら幸いです。

園生活では先生や友達と生活することで、たくさんの成長がみられます。残り少なくなった幼稚園入園までの時間を、楽しく過ごして下さいね♪

 

【画像】
※ ziggy_mars , Halfpoint / Shutterstock

【関連記事】

ママもドキドキ!? 幼稚園入園前にチェックしたい記事はコチラ!

【3歳~】幼稚園選びは何をチェックする?先輩ママが悩んだコト4つ

受験シーズン到来!幼稚園・小学校の「お受験ママあるある」5選

【3歳~】園バスや課外授業が充実!? ワーママが感じる「幼稚園の魅力」5つ

※ 

※ 

www.steroid-pharm.com

steroid-pharm.com