【東京・江東区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

写真提供:江東区広報広聴課
出典: ChillybinCrew(イットママ)

国や自治体は子育て世代のママ・パパをサポートすべく、妊娠〜出産〜産後まで、多様なサービス・助成金などのおトク制度を用意しています。

そんな各自治体の制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

交通の便がよく、ららぽーと豊洲、お台場のパレットタウンなどの人気のレジャースポットもあり、門前仲町の深川仲町通り商店街、亀戸の中央通商店街などのファミリー層に人気の商店街などがある人気の衰えない江東区です。

他にも、水遊びや大型遊具、サイクリングで遊べる公園が整備され、女性でも一人暮らしに問題がないほど治安もよく、品質の良い商品を販売していると商店街も活気がありとても人気のエリアです。

そんな江東区の子育て支援は、どんなものがあるのか早速、ご紹介します。

 

江東区の子育てに関する情報はここでチェック!

source: https://www.city.koto.lg.jp/

江東区の公式ホームページにアクセスしたら、「」のページをチェックしましょう。

このページに飛ぶと、「こんなときには」と、どうしたらいいのか? 不安になった時の為の一覧があり、ここでご自分が調べたいことを簡単にチェックすることができます。

 

妊娠が分かったら保健相談所で「ゆりかご面接」を!

妊娠が分かったら、妊娠の届け出をしましょう。

ここで母子健康手帳や妊婦健康診査の受診券が入っている「母と子の保健バッグ」を入手することができます。

また、保健相談所では妊娠中や産後ケア事業などの案内とともに、妊娠中の過ごし方や出産・育児に関する相談ができる「ゆりかご面談」があります。

これはすべての妊婦さんを対象としているので不安なことがあったら相談してみましょう。

そして、もう一つ、登録したいのが「こんにちは赤ちゃんメール」です。

このメールは、専門医による監修・指導の元、作成された産前・産後のママや赤ちゃんの様子の他に、出産予定日や赤ちゃんの月齢に合わせた区の情報を配信しています。

利用は無料でニックネームでの登録も可能なので、活用してみてはいかがでしょうか。

詳細は「」のページを確認してください。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&江東区の助成内容

妊娠、出産、育児と喜びの中でもめまぐるしく変化する暮らしの中で気になるけれども、よく分からないのが育児支援の有無、助成金や補助金。

また、各種制度は国・都道府県・市区町村で違うものです。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と江東区でのサービス内容を以下に記載していきます。

 

(1)妊婦健康診査費用助成

妊娠健康診査を東京都内の委託医療機関で受診することができます。

妊婦健康診査受診票(1回目用:水色、2回目以降用:黄色)

1回分の妊婦超音波検査受診票(白色)

1回分の妊婦子宮頸がん検診受診票(桃色)

また、平成28年4月1日より1回目の妊婦健康診査にHIV抗体検査も追加されています。

妊娠歯科健康診査も1回無料で実施されています。

妊娠中でも治療可能な場合もありますので、妊娠がわかったらすぐに受診したいですね。

詳細は「」のページを確認してください。

里帰り出産などで都内委託医療機関で妊婦健康検査を受診できなかった場合は、まずは立て替えになるのですが子どもの1歳の誕生日の前日までに申請することで健診費用の一部を助成しています。申請は1回限りです。

詳しくはを確認して下さい。

 

(2) 子ども医療費助成

0歳〜中学校卒業前(15歳到達後最初の3月31日)の子どもを対象とした通院・入院した際の医療費を助成する制度です。

保護者の所得制限はなく、保険診療の自己負担分を助成してくれます。(※一部対象外あり)

また、こちらの助成を受けるには、国民健康保険・健康保険組合等の健康保険制度に加入していることなどの要件もあります。

詳しくはこちらのをご確認下さい。

 

(3)認可外保育施設保護者負担軽減事業

保育料の負担を軽減してくれるこちらの制度。

江東区では、保護者等の市区町村民税所得割額の合計額により子ども一人当たりにこちらの金額が補助金として支払われます。

source:https://www.city.koto.lg.jp/

※ 「多子区分」は同一世帯に認可保育園等、該当する施設に通う小学校就学前の児童の年長者から順に数えます。

【対象施設】

1. 認証保育所(江東区外の東京都認証保育所も対象です。)

2.保育室

3.グループ保育室

4.家庭福祉員

5.江東区保育ルーム

6.一定の要件を満たしたその他認可外保育施設

助成を得るには諸々の条件があります。

詳しくは「」をご確認下さい。

 

(4)私立幼稚園等保育料などの補助

江東区では、私立幼稚園等に通園する園児の保護者に対し、入園料補助金・保護者補助金・就園奨励費補助金を支給する制度があります。

入園料補助金は所得制限がなく、原則園児1人1回70,000円(上限)が支払われます。

毎月の保育料に対する補助金(保護者補助金・就園奨励費補助金)は区市町村民税や世帯構成により異なります。

 

source:https://www.city.koto.lg.jp/

※ 補助金額は、各年度で変更になる可能性があります。

また、補助金を受けるにはある一定の条件すべてを満たさなければいけません。

詳しくは「」をご確認下さい。

 

子育てハンドブックをアプリでチェック!

source:https://www.city.koto.lg.jp/

江東区では子育てハンドブックを配布しているのですが、こちらは区と協業でハンドブックを作成した会社(株式会社ホープ)のアプリ「マチイロ」でも閲覧することが可能です。

妊娠、出産、育児、就園などその時々のライフシーンで困ったこと、相談したいことをいつでもどこでも探すことができます。

ぜひ、スマートフォンやタブレットの場合「マチイロ」のホームページにアクセスして、専用アプリをダウンロードしてください。

App Store:
Google Play:

※ 英語・中国語の子育てハンドブックもダウンロードできます。

また、子育てハンドブックの配布先は、区役所や各保健相談所、各子ども家庭支援センターとなっています。

 

地域SNSアプリ「PIAZZA」(ピアッツァ)を賢く活用!

source:https://www.city.koto.lg.jp/

江東区と今年11月に協定を締結したSNS「PIAZZA」は地域住民の口コミによる「近所の遊び場」、「地域のイベント」、「子ども用品のおさがり」などの情報を提供しています。

地域ぐるみで繋がり、より良い子育て環境、困った時には気軽に相談できたりとその解答率は100%。江東区公認ですので、もちろん区からの情報も共有されます。

ママ達にもSNSだけど生活する地域の顔の見える繋がりができると大好評。

気になる方はからPIAZZAをチェックして下さい。(PIAZZAアプリをダウンロード後、メールアドレスなどを登録となります。)

 

いかがでしたか?

江東区はSNSやアプリが充実していて、情報が多く配信されていることが分かりました。

上手に活用して子育てに役立てて下さいね。

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年12月14日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

【参考・画像】
※ ※ 江東区広報広聴課

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

※ 

※ 

www.ry-diplomer.com

https://vy-doctor.com.ua

www.kompozit.ua