胎教よりも大事なことって!? 【マンガ新米ママのトリセツ】#9

(c)ながさわゆみ
出典: ChillybinCrew(イットママ)

初めての妊娠・出産って戸惑ってしまいますよね。いつもは気にしない、夫のささいな言動にイライラしてしまうことも……。

もっと夫婦で妊娠・出産や育児の負担、そしてストレスもシェアできれば、子育てもぐっと楽になります。

今回は『出産・育児ママのトリセツ ~「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ』の筆者が、“出産前の妻の関心事を分かっていない夫”について、マンガから解説します。

(c)ながさわゆみ
出典: ChillybinCrew(イットママ)

夫に、“新米ママの取り扱い”を学んでもらいましょう!

山本ユキコ

 

一番の「胎教」は、妊娠中のママをリラックスさせること

(c)ながさわゆみ
出典: ChillybinCrew(イットママ)

 

出産前の妻が気にしている、たった4つのコト

上のマンガの夫の問題点は、「出産前の妻にとって大切なコトを分かっていない」ところです。

胎教など、“早期教育”をしたからと言って、将来小学校や受験の時に頭が良くなるような効果の保証は全くありません。

まずは、妊娠している妻の思いを第一に考えて欲しいものです。

この時期の妻が本当に気にしているのは、下記のような4つのコトではないでしょうか。

・1:出産準備
・2:おなかの赤ちゃんの発達の状態
・3:自分の体型や体調の変化
・4:(していたら)自分の仕事について

それ以外は考えずに、まずは“出産準備”に励んでくれるほうが、より夫を信頼できてリラックスできますよね。

 

いかがでしたか?

もし妻である皆さんが、“出産前の妻の関心事を分かっていない夫” にイライラしてしまう場合には、この記事を皆さんの夫に読ませて下さい。

きっと「あ、これはダメだったのか……」と気がついて貰えるはずですよ。

産後のドタバタでイラッとしないよう、今のうちから夫に分かってもらいましょう!

 

【画像】
※ イラスト:ながさわゆみ
※ 

【関連記事】

皆さんの夫たちが、新米ママの取り扱いを楽しく学べるマンガ連載

※ 【5ヶ月~】妊婦帯のオススメ定番&最新アイテム5選

準備して損ナシ!秋冬出産ママにおすすめ「産後まで長~く使えるグッズ」6選

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

LINEで送る