喪中の時の「出産報告、年賀状」は出してもいいの?

source:https://pixta.jp/

「今年は子どもが産まれたので年賀状で出産報告をしよう」と思っていたはずが、親族が亡くなって喪中になる場合もあります。

故人を思い出してつらい時間があるものの、出産の喜びもひとしおで出産報告のはがきを出したいという方は少なくありません。

そこで今回は、“喪中だけど出産報告をしたい場合”のマナーを紹介します。

身内の不幸の時、年賀状は出していいの?

まずは「自分が喪中にあたるのか?」を確認しましょう。

一般的には、自分を中心として1親等(父母、子ども)、同居している2親等(兄弟姉妹、祖父母、孫)が亡くなった場合に喪中になると言われます。

ただし、地域や家庭によって、喪中の範囲や期間は異なりますので確認が必要です。

喪中はがきには意味があり、「親族が亡くなり悲しいです。お祝い事は控えていますので、年賀状は出しません。」ということを表すものになります。

喪中となった場合は、“喪中はがき”を出します。

その際に、出産報告などのお祝い事を添えるのはマナー違反です。

喪中はがきは、身内に不幸があり喪に服していることを伝えるためのものなので、そこに出産などの嬉しい話が混在していたら受け取り側も混乱しますよね。

 

喪中時の出産報告はどうする?

遠方に住んでいたり、年賀状のやりとりで続いている旧友など、喪中でも子どもが生まれたことを報告したい場合は、次の4つの方法から選択するとスマートです。

(1)寒中見舞いやクリスマスカードに出産報告を添えて送る

寒中見舞いやクリスマスカードは“季節の挨拶”として出すものです。

近頃では近況を報告するために使われることもあります。

そのため、出産報告を寒中見舞いですることもマナー違反ではありません。

ただし、寒中見舞いを送る相手が喪中の場合には、出産報告はしない方がいいでしょう。

筆者も寒中見舞いを頂くことがありますが、お子様の写真を載せているケースは少ないです。

どうしても子どもの顔を入れたいという場合は小さく載せるとよいかもしれませんね。

 

(2)喪中を終えてから出産報告はがきを送る

喪中を終えてから出産報告はがきを出すという方法もあります。

この場合は、はがきの目的が“出産の報告”なので、子どもの写真を大きく載せてお祝い事を明るく報告するのもOKです。

 

(3)メールやSNSで報告する(正月を避けて)

source:https://pixta.jp/

最近では、メールやSNSでも用件を気軽に写真付きで送ることができます。

はがきにこだわらずに、このようなツールを使えば一年中気軽なやりとりが可能で、受け取った側も早めに出産報告がもらえて嬉しいのではないでしょうか。

ただ、あえて正月を選ぶ必要もないので避けたほうが無難だと思います。

 

(4)来年まで出産報告を見送る

筆者がとるとしたら、1年待って翌年の年賀状に「1歳になりました」と報告します。

相手によっては、「喪中にまで無理して出産報告がしたいの?」と快く思わない方もいますし、関係が近しい方にはすでに出産したことは伝えているはずだからです。

 

近年は、年賀状に子どもの顔写真だけを載せることへの賛否もあるなか、喪中に出産報告をすることも同様です。

お子様が生まれて嬉しい気持ちはよくわかりますので、報告する相手との関係を考えて手段を選ぶのがよさそうですね!

 

【参考・画像】

※ kokano , Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

あわせて読みたい人気の記事はこちら▼

これってイイの?もしや非常識?「年賀状あるあるNG」

デキるママは使い分けてる! 「子どもの写真入り年賀状」送ってイイ人、喜ばれない人

【年末年始】帰省できない時の実家への「フォロー策」3つ

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼