【東京・江戸川区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

国や自治体は子育て世代のママ・パパをサポートすべく、妊娠〜産後まで、多様なサービス・助成金制度を用意しています。

そんな各自治体の制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、昔ながらの風情漂う江戸川区をご紹介します。

のんびりとした雰囲気があり、生活する上でとても便利な区でもあります。

公共施設も整い、葛西臨海・海浜公園、行船公園、親水公園など多くの公園があり、物価も安いと東京でもトップレベルの暮らしやすさでファミリー層にも人気のある江戸川区の子育て支援をご紹介します。

 

見たい項目が一瞬で分かる!江戸川区のホームページをチェック

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

江戸川区の公式ホームページにアクセスしたら、画面中段にある「ライフステージ」カテゴリーの・・を見てみましょう。

カラフルなアイコンで項目ごとに一覧となっていますので、調べたいことを簡単にチェックすることができますよ。

妊娠が確定したら健康サポートセンター等へ妊娠届を提出しましょう。母子健康手帳と、「母と子の保健バッグ」を受け取ることが出来ます。

母と子の保健バッグには、都内契約医療機関で利用できる「妊婦健康診査受診票・妊婦超音波検査受診券票・妊婦子宮頸がん検診受診票」の他、「」・「」など区で実施している事業のパンフレットや保健サービスの案内、マタニティマーク等が入っています。

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

提出後、保健師等の専門職員による妊婦さんへの面談「」が実施されます。妊娠中の出産・子育てに対する不安や悩みがあるママは遠慮なく相談して下さいね。

また、ぴよママ相談が終了した方には「ぴよママギフト」(こども夢商品券)が贈呈されます。

詳しくはこちらをご確認下さい。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&江戸川区の助成内容

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

出産・子育てサポートの各種制度は国・都道府県・市区町村とそれぞれのメニューがあり、何がなんだかわからなくなってしまうことがありますよね。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、江戸川区のサービス内容を以下に記載していきます。

具体的には、(1)妊婦健康診査費用助成、(2)子ども医療費助成制度、(3)認証保育所 保育料負担軽減補助金、(4)私立幼稚園保育料などの補助、の4つについて触れていきます。

それぞれ助成を受けるための手続きが異なりますので、区HPの内容をしっかり確認してください。

 

(1)妊婦健康診査費用助成

妊娠確定後、妊娠届を提出した方に対して妊婦健康診査受診票を交付し費用(超音波・子宮頸がん等も含む)の一部を助成してくれる制度です。

●妊婦健康診査 14回

●超音波検査 1回

●子宮頸がん検診 1回

受診できるのは、都内契約医療機関となっております。里帰り出産などの妊婦健康診査受診費助成金交付制度などもあります。(助産所での妊婦健診も助成の対象となります。)

なお、妊婦健康診査受診票は妊娠確定後の健康診査で使用できるもので、妊娠しているかどうかを調べるための検査には使用できませんので、ご注意ください。

詳しくは、をご確認下さい。

 

(2)子ども医療費助成制度

0歳~15歳(中学3年生)の子どもが医療機関等で診療を受けた時、医療機関等に支払う医療費のうち保険診療の自己負担分を保護者の所得制限なく江戸川区が助成してくれる制度です。

●助成対象

江戸川区内に住んでいる、国民健康保険・社会保険などの健康保険に加入している子ども(乳幼児・義務教育就学児)が対象です。所得制限はありません。

乳幼児(0歳から6歳到達後の最初の3月31日まで)→乳幼児医療証(マル乳)
小中学生(6歳到達後の4月1日から15歳到達後の最初の3月31日)→子ども医療証(マル子)

病院等で支払う医療費のうち、保険診療の自己負担分を江戸川区が助成します。

ただし、入院時の食事代(食事療養標準負担額)は一旦負担していただき、後日還付請求することで助成します。

医療機関等で診療・調剤などを受けたときの保険診療に係る医療費助成は本当に助かりますが、入院時の差額ベッド代、薬剤などの容器代などの医療費は対象外になるので気をつけて下さい。

江戸川区では子ども医療費助成の申請時に子どもの“マイナンバーの確認”が必要となります。

詳しくはをご確認下さい。

 

(3)認証保育所 保育料負担軽減補助金

江戸川区では認証保育所を利用している低所得世帯を対象に、保育料の負担を軽減する補助制度があります。

●補助要件
・認証保育所と月160時間以上の月極契約をしていること
・月極の保育料を滞納していないこと
・区市町村民税所得割額が下表の範囲内にあること

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

補助金額は保護者の区市町村民税所得割額に応じ変動します。

詳しくはをご確認下さい。

 

(4)私立幼稚園保育料などの補助

 

江戸川区では、保育料が区立幼稚園と同水準になるように補助制度などにより保護者の負担軽減を図っています。また、入園料に対する補助も行っています。

詳しくはをご確認下さい。

 

産後直後のママをサポート!乳児養育手当(ゼロ歳児)

乳児養育手当とは江戸川区独自の制度となっています。

赤ちゃんにとって一番大切な時期、育児に専念して頂きたいと資格要件を満たした方に対し江戸川区から手当が交付されます。

●資格要件
・0歳児を養育している方
・乳児、保護者とも江戸川区にお住まいの方(転入された方は、転入の届出日から該当します。)
・生活保護を受けていない方
・子ども子育て支援新制度の対象施設に乳児を預けていない方
・生計中心者の所得が所得制限限度額未満の方

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

詳しくはをご確認下さい。

 

月齢別で便利!「子育てカレンダー」を活用しよう!

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

子育てカレンダーとは、各種手続きや子育ての仲間作り、子どもの年齢に応じた子育ての支援や情報が掲載されています。

こちらからダウンロードできますので活用してみてはいかがでしょうか。

ダウンロード▼

 

区民のリアルな情報を反映!「えどがわ子育てガイド」

source:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/

江戸川区では子育てに役立つ情報をまとめた子育てガイドを作成し、ぴよママ相談などの機会にお配りしています。

閲覧できる場所は、の各施設や区役所となっています。

子育てに役立つ情報が掲載されていますので気になる方は、をダウンロードしてみて下さい。

 

独自の政策を打ち出し、積極的な子育て支援がファミリー層から支持を得ている江戸川区。

産前・産後・子育てまで切れ目なく応援してくれるので、不安なことや困ったことがあれば、へ遠慮なく連絡して下さい。

また、もし妊娠したら? と思ったら早めに自治体のホームページで医療施設、制度や助成金、補助金等のチェックをして下さいね♪

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年12月27日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

【参考・画像】

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼