「〇〇べき」だらけの母乳育児は面倒くさい…?

source:https://www.shutterstock.com/

筆者は、母乳育児は“頑張らなくてはならない”ものではなく、“心地よくて気持ちいいこと”であってほしいと思っています。

赤ちゃんが「欲しがるタイミング」と「ママの飲ませたいタイミング」が一致し、まるでママと赤ちゃんがつながっているような、一体感を得られる幸せな時間……それが母乳育児の時間。

しかし、この母乳育児を頭で考えすぎると難しくなってしまいます。

「〇〇べき」「〇〇はダメ」

が増えれば増えるほどストレスフルになります。

今日は、助産師として多くの方の母乳相談にのってきた筆者が、“〇〇べき”にがんじがらめになってしまわないようにお話したいと思います。

「〇〇べき」「〇〇はダメ」はつまらない

source:https://www.shutterstock.com/

ときおり、この「〇〇べき」にがんじがらめになっている方にお会いします。

「何も考えずにおいしいものが食べたい」

「知り合いが楽しそうにランチしているのが羨ましくて」

「母乳育児が楽しくなく、恐怖でしかありません」……!

その方たちが受けた授乳中の母乳食事指導内容はというと、以下のようなものでした。

「牛肉・豚肉はダメ、肉は鳥ササミにするべき」

「寿司はダメ、寿司酢は砂糖が入っているから控えるべき」

「刺身の赤身はダメ、食べたいなら白身にするべき」

「肉も魚も、高級品は脂肪が多いからダメ」

「甘いお菓子は一切ダメ、食べたかったら芋類にするべき」

「パンはダメ、お米を食べるべき」

「おっぱいが張るから、入浴は肩まで入ったらダメ」

「揚げ物は一切ダメ。油は最小限に」

などなど。

こんなに「〇〇べき」「○○はダメ」が多かったら、いったい何を食べたらいいのでしょうか。

赤ちゃんとの慣れない生活の中で、食べていいものを探して献立を考えるのは……面倒くさい、よね?

おまけに、「〇〇べき」を全部守ったら、乳首の痛みやしこりが一切おこらない保証もないでしょう。

 

「あまいものを食べたい!」

「ランチしたい!」

「お肉をがっつり食べたい!」という欲求にふたをして、母乳のことだけを考えて育児をするのは、つまらない。

もちろん、食べ物が全く母乳に影響しないというわけではないのかもしれませんが、よく噛んで笑って食べることの方がよっぽど大切だと筆者は思います。

「○○はダメ」ではなく、「できたらこの食べ物の方がいいかもね」くらいのゆるい考えで、おいしいものをたくさん食べながら母乳育児を楽しんでくださいね。

 

【画像】
※ Tomsickova Tatyana / Shutterstock

【関連記事】

※ ポロリにご注意!? 母乳育児におすすめ「授乳ケープ」5つ

※ 下着もおっぱいも清潔に!「母乳パッド」の正しい使い方&オススメ3選

※ 母乳・ミルク・混合乳、結局どれが良いの!? 試してわかったメリット・デメリット

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

fiat doblo

steroid-pharm.com

У нашей компании важный веб сайт про направление https://agroxy.com.