夫が「忙しいとき」はNG!妻のやりがちな行動4つ #20【逃げられ妻】

source:https://www.shutterstock.com/

仕事でものすごく忙しいときに、鬱陶しいと感じるような行動を妻から取られたら、夫はかなり腹が立つはず。

そういうときこそ、さりげなく支えてくれるような妻であったら、夫も疲れが取れて気分的にも癒されることでしょう。

そこで今回は、夫が「忙しいとき」にしてはいけないことを紹介します。

夫が「忙しいとき」にしてはいけないこと4つ

(1)しつこく「連絡」をする

source:https://www.shutterstock.com/

年末など仕事がたくさん立て込んでいるときには、夫も精神的な余裕がなくなっていたりもするもの。

忙しすぎてテンパっていたりもするでしょうから、そんなときに妻から頻繁にLINEが送られてきたりしたら、かなりイライラするはずです。

しかも、そのLINEの内容が大事な話や緊急性のあるものなどではなく、どうでもいいものだったら怒りだって湧き起こるでしょう。

夫の状況をちゃんと把握して、あまりにも忙しそうなときは、無意味な連絡はしないようにするべきですね。

 

(2)身勝手に「責める」

仕事が忙しくなると、帰宅時間が遅くなったり、休日も出勤しなければいけなくなったり、家族と過ごす時間が少なくなったりもするかもしれません。

でも、それに対して夫を責め過ぎてしまうと、わだかまりが生じるだけ。

夫だってできれば早く帰りたいと思っているものなので、「たまには早く帰ってきてよ」なんて妻からきつく言われたら、ムカッとしたりもするでしょう。

間違っても、「もっと要領良くできないの?」などと言って責めたりするのはダメですよ。

 

(3)帰宅後に「愚痴」を聞かせる

毎日のように残業が続き、ヘトヘトになって帰宅した後に、家で妻から愚痴や不満を聞かされまくったら、夫の疲れは確実に倍増します。

癒されるどころか余計に疲れるような家には、帰りたくなくなったりもするかも。

妻としても、仕事や育児疲れでストレスが溜まっていたら、それを夫に聞いてほしいと思ったりもすることもあるでしょう。

ただ、年末などの異常に忙しい時には、さすがに夫も「今は勘弁してくれ」と本気で感じるはずですよ。

 

(4)仕事への「理解」がない

男性にとっては仕事が何よりも大事なものですし、自分の存在価値そのものであったりもします。

しかも、結婚して子どもが生まれたりしたら、家族を守っていくためにも、最も頑張らなければいけないものにもなります。

それなのに、妻が自分の仕事へ理解を示してくれていなかったら、夫はかなりガッカリするはず。

忙しくて仕事ばかりの夫に腹が立つこともあるでしょうが、「家族より仕事なの?」とか「そんなに仕事が好きなの?」なんて言葉は言ってはいけません。

忙しいときに、その疲れを取ってくれるような妻や家庭だったら、夫は「明日からも頑張ろう」という気持ちになれます。

そして、そういう妻のことは、絶対に手放したくないとも思ってくれるものですよ。

 

【画像】
※ LDprod / Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたい人気の記事はこちら▼

年末に注意!夫が妻に「思いやりがない」と感じる瞬間4つ #17【逃げられ妻】

※ ホントに飲み会…?夫からの「遅くなる連絡」で疑う瞬間5つ

※ 「部屋片付けたら?」…産後、最高にイラッときた夫の一言3連発

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

 

LINEで送る