【お年玉】未就学児の平均は?FPに聞く「もらった後の管理方法」

source:https://www.shutterstock.com/

お正月にお年玉をあげた方も多いと思います。子どもがまだ幼い場合、お年玉をあげる方も貰う方もいろいろと悩みが多いのではないでしょうか?

筆者の親戚にも未就学児が多いのですが、幸いにも(?)親同士の結束力が堅く、今年もあげる直前に親だけで集まってヒソヒソと“お年玉談合”が行われました。

地域や家庭の価値観にもよるので、なかなか人に聞きづらいお年玉の話。

今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者が気になる未就学児のお年玉の相場と貰った後の管理の仕方についてお伝えします。

 

大人同士の付き合いという意味合いが強い「未就学児のお年玉事情」

複数のパパママにヒアリングを行った結果、まだ金銭感覚のない未就学児の場合、子どもに直接渡すよりも、「子どものために貯金してね」という意味合いで“親に渡している”というケースが目立ちました。

未就学児でも4~6歳くらいになると、親の見ている前で子どもに渡す派も多くなります。

その場合でも、受け取った子どもは中身も見ず直ぐに親に渡しに来るパターンがほとんど。

「子ども自身は貰ってもあまり嬉しそうにしていない」という意見も聞こえてきました。

 

貰う相手によって千円、5千円と差があるケースが多数、「まだあげない」意見も

source:https://www.shutterstock.com/

一組(祖父母で二人一組など)あたりからもらう金額は、祖父母の場合は5千円~1万円と奮発するケースが多く、叔父叔母となると千円~3千円が多数。

両親からは「まだあげない」という意見も。

筆者の子どもの場合は、0歳~2歳までは両家の祖父母からそれぞれ1万円をもらい、その他の親戚からは(談合により)まだもらっていませんでした。

3歳から親戚の間でお年玉のやりとりが始まりましたが、祖父母からは相変わらず1万円、大叔父・大叔母、叔父・叔母からは千円、両親からは小学1年生の現在もまだあげていません。

 

小学校低学年のお年玉相場は総額で5千円~2万円くらい

金融広報委員会が行った『子どものくらしとお金に関する調査』によると、小学生のほとんどがお年玉をもらっており、貰う金額は、低学年の場合「総額1万円くらい」が全体の24%と最多。

次いで、「総額5千円くらい」「総額2万円くらい」が共に15%程度と多くなっている一方、「総額3万円超」の子どもも15%程度存在します。

調査結果では、中学校・高校へと進学するにつれ金額は多くなり、高校生になると総額5万円以上貰う子どもが全体の20%近くいました。

未就学児はこれから続く長い道のりを考えると、あまり高額なお年玉でスタートすると後がきついというのがあげる側の本音かもしれません。

 

お年玉を貰ったら子どもに「お金の一つ目の役割」を教えよう

お年玉を貰った後も悩ましいのが管理の仕方ですね。

筆者はこれまで子どもにいろいろと金銭教育を試みてきましたが、未就学児のうちはまだはっきりとお金の意味を理解していないというのが実感です。

子どもにお年玉をポンと渡すのはまだ早いと言えるでしょう。

そんな未就学児にオススメの管理方法は、銀行に一緒に行ってお金の一つ目の役割である預貯金について学ばせることです。

お金には貯める、交換する(使う)、価値をはかるという3つの役割がありますが、自分1人で価値基準を持って買い物をすることが難しい未就学児には、お年玉を使って預貯金から教えるのが最適かもしれません。

インターネットバンクが普及している現在、あえて銀行に連れて行くことで子どもに教えられることはたくさんあるでしょう。

 

お年玉は、あげる側にとっても貰う側にとっても毎年悩ましいものですが、子どもに金銭教育をするいいきっかけにもなります。

お金は一生懸命働いて手に入れるものであり、大切にしなくてはならないもの。

お礼の気持ちを伝えるために預貯金をしたことの報告とあわせて、おじいちゃんおばあちゃんに手紙を子どもと一緒に書いてみるのもいいかもしれませんね。

 

【参考・画像】

※  People Image Studio、 Payless Images / Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたい人気の記事はコチラ▼

※ 知らないと赤っ恥!? 年始の挨拶&お年玉のマナー

※ ママ友の子に「お年玉」はあげる?トラブルを防ぐマナーとは

※ お年玉、なんて言って預かる?「子どもの信頼を失う」NGフレーズ

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

http://kapli.kiev.ua

http://4football.com.ua

https://gazon.net.ua