美味しい&ボリューム満足!「七草粥」アレンジレシピ2つ

photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

年末年始は家族・親戚・友人などと美味しいものを食べたり、いつもより沢山お酒を飲んだり……皆さん楽しい時間を過ごされたのではないでしょうか?

そしてこの時期は、「ご馳走続きで胃が疲れているな」と感じる時期でもありますよね。

お正月の松の内の最後の日である1月7日(春の七草)は、「人日の節句」と呼ばれる五節句のうちの一つで、お正月のご馳走で疲れた胃を休め、無病息災を祈願するために昔から「七草粥」を食べる風習があります。

毎年この日に七草粥を食べるご家庭は少なくないと思いますが、七草と呼ばれる「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」には苦味があり子どもには少しハードルが高いですよね。

また男性の中には一般的な七草粥では「あっさりしすぎて物足りない…」、「おかゆって味気なくて苦手」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもや男性にも喜んで食べてもらえる、七草粥のアレンジレシピをご紹介いたします♪

鶏肉と餅でボリュームUP!中華風七草粥

中華風七草粥
photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

●材料(4人分)
・米  1カップ
・水  7カップ
・鶏手羽(鶏手羽元) 4本
・生姜  少量

・塩   小さじ1
・鶏ガラスープの素 お好みで
・春の七草  1パック
・餅     1個~2個
・ごま油   お好みで

【作り方】

(1)米はさっと洗い、ざるに上げておく。鶏肉は水できれいに洗い、水気を拭いておく。

七草は水洗いし、さっと塩ゆでして刻む。(子どもが食べるときは長めに茹でて細かく刻む)生姜は皮を剥き、薄くスライスする。餅は焼いてさいの目に切っておく。

(2)鍋に米、水、鶏肉、生姜、塩、鶏ガラスープの素をいれ、中火にかける。

沸騰したら弱火にして、灰汁をこまめに取りながらコトコト煮る。なべ底が焦げ付かないように、時々全体を混ぜる。

(3)30~40分ほど経ち、お米の芯がなくなり、ふっくらと煮えてきたら火を止めて蓋をしっかりしめて余熱で蒸らす。

(4)鶏肉は骨から身を外し、お粥に混ぜる。

(5)食べる直前に刻んだ七草を混ぜ、器に盛り、焼いてさいの目に切った餅を乗せたら最後にごま油を垂らして完成。

★point:鶏肉から出るダシとコクで、優しい味ですが食べごたえのある七草粥になります。

 

とろーりまろやか!チーズ七草粥

チーズ七草粥
photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

●材料(4人分)
・七草粥 又は 中華風七草粥  4人分
・ピザ用チーズ  大さじ4
・黒胡椒     お好みで

【作り方】

(1)七草粥または中華風七草粥を作り、仕上げにチーズをトッピングする。

(2)大人は黒胡椒をトッピングして完成。

★point:チーズのまろやかさで七草がとっても食べやすくなります。我が家の2歳の娘も喜んで食べるレシピです。

 

 

いつもの七草粥に少しアレンジを加えるだけで家族みんなが美味しく食べられる七草粥に大変身します。

美味しく食べて、胃を休め、今年も一年健康に過ごせるよう、「無病息災」を祈願しましょう。

古くから伝わる日本の伝統行事である「春の七草」、母から子へしっかりと受け継いでいけたらよいですね。

 

【画像】
※ 著者撮影

【関連記事】

15分でパパっと♪夫の帰宅が遅い時の 「ずぼら飯」レシピ2品

風邪予防・離乳食にも!旬野菜れんこんアレンジレシピ

大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(白菜編)

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼