【東京・台東区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

 
source:http://www.city.taito.lg.jp/

子育て世代のママの妊娠〜出産〜産後までをサポートする、自治体の多様なサービス・助成金制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、台東区。

観光地の定番中の定番、上野、浅草寺、アメ横などが集まっており、古き良き日本の風情を感じる街並みがたくさん残って情緒的な雰囲気のエリアです。

山手線をはじめ多数の路線が徒歩圏内で使える利便性にも優れ、近隣に警視庁の寮があるため、警察の巡回も多く治安も良いと評判なんだとか。

台東区子育て支援、さっそくお届けします。

 

台東区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

source:http://www.city.taito.lg.jp/

台東区ホームページのトップページの暮らしのガイドから「」、「」ページページをチェックしましょう。

妊娠期から年齢別、または手当、助成などの項目ごと一覧になり見やすくなっています。

 

妊娠が分かったら「ゆりかご・たいとう」面接を!

source:http://www.city.taito.lg.jp/

妊娠がわかったら、区に妊娠届を提出しましょう。

この時、「母子健康手帳」と「母と子の保健バッグ(婦健康診査受診票入り)」と「たいとう子育てハンドブック」が交付されます。

たいとう子育てハンドブックには、妊娠期〜小学校就学前までの子育てに関するサービスや情報、手当や助成金、制度や「もしも」の時の電話番号などが網羅されておりますので、こちらも大切に保管して下さい。

たいとう子育てハンドブックはPDFでもダウンロードできます。詳しくはをチェックしましょう。

妊娠届を提出後、保健師等の専門職の方との「ゆりかご・たいとう」面接が行われます。

妊娠期の過ごし方、出産に対する心構え、不安なこと、心配ごとなど気になることは遠慮せず相談して下さいね。

こちらの面接で妊娠出産応援プランを作成してもらった後、こども商品券10,000円分が贈呈されます。

詳しくはでご確認下さい。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&台東区の助成内容

妊娠が分かると、気になるのが子育てにかかる費用。

自治体では様々なサポート制度や助成制度を用意しています。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と台東区でのサービス内容を以下に記載していきます。

 

(1)妊婦健康診査

台東区では、妊婦さんの健康を保つために定期的な健康診断を助成する制度があります。

「母と子の保健バッグ」には以下のものが入っています。(平成29年度現在)

●妊婦健康診査受診票 14回分

●妊婦超音波検査受診票 1回分

●妊婦子宮頸がん検診受診票 1回分

都内委託医療機関で使用可能、使用時期等については医療機関とご相談下さい。

詳細はのページをご確認ください。

また、里帰り出産等妊婦健康診査費助成制度もあります。

詳しくはをご確認下さい。

 

(2)台東区子ども医療費助成

乳幼児・児童(0歳から中学生)が健康保険証を使って医療機関にかかった場合、医療機関に支払う医療費の自己負担金を助成してくれる制度です。

助成を受けるためには「医療証」が必要となるので台東区に住所がある人は早めに申請するようにしましょう。

詳しくはでご確認下さい。

 

(3)認証保育所保育料助成制度

台東区では認証保育所に通っている児童と、認可保育園に通っている児童との保育料の均衡を図ることを目的に、その差額を負担してくれます。

ただし、その金額は保護者等の区民税所得割額により変動します。

source:http://www.city.taito.lg.jp/

詳しくはをご確認下さい。

 

(4)私立幼稚園等保護者補助

台東区では私立幼稚園等に通園する園児の保護者に対し、入園料補助金・保護者補助金・就園奨励費補助金を支給する制度があります。

●入園祝金:50,000円 ※入園時に限る ※入園料の金額が上限

●保護者補助金:

第一子・第二子 月額 8,600円(所得制限なし)

第三子以降 月額9,900円(所得制限なし)

●負担軽減補助金:特別区民税の所得割額(世帯の合計)・子どもの人数に応じて異なる

●就園奨励費補助金:特別区民税の所得割額(世帯の合計)・子どもの人数に応じて異なる

詳しくはをご確認下さい。

 

育児支援ヘルパー「あったかハンド」を賢く活用!

source:http://www.city.taito.lg.jp/

家族の協力を得るのが難しい、一人では不安などという方に支援される育児ヘルパー「あったかハンド」。

沐浴補助やオムツ交換補助、買い物から食事の支度、洗濯や掃除までしてくれます。

◆利用料金

1回(2時間)1,000円 ※減免制度あり
・1日2回(4時間)まで
・1回の妊娠につき20回(40時間)まで
・多胎妊娠の場合は40回(80時間)まで

減免制度もありますので、相談してみてください。

詳しくはをご確認下さい。

 

産後も宿泊型サービス&外来型乳房ケアでサポート

産後ケアとして、産後4ヶ月未満の育児等の支援が必要な方に対し「宿泊型サービス」、授乳に何かしらのトラブルや乳房ケアの相談に対応する「外来型乳房ケア」支援を行っています。

宿泊型サービスは、育児に不安を持ったり、ご家族に頼れないママに対し1回のお産、最大6泊7日(1日5,000円)までママと赤ちゃんが一緒に産後ケア施設で過ごすことができます。

外来型乳房ケアは、1回あたり1,000円でおっぱいマッサージを受けたり授乳の相談ができます。

詳しくはをご確認下さい。

 

いかがでしたか?

妊娠期から子育て期の切れ目ない支援を目指す台東区。

他にも、、やなどの支援もあるので、有効活用してください。

妊娠がわかった場合は、早めに妊娠届けを提出し、自治体のホームページで医療施設、制度や助成金、補助金等のチェックを忘れずにしましょう。

 

【参考・画像】

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

※ 

www.velotime.com.ua

http://avto-poliv.com.ua/

www.jaamboo.com.ua