ちょっと注意しただけなのに…「すぐ泣く子」の特徴とママのNG行動

source:https://www.shutterstock.com/

ちょっとしたことですぐに泣く子どもに対して、イライラしてしまうことってありますよね。

それが毎日のように繰り返されたら、ママもグッタリでしょう。

今回は保育士である筆者が、“すぐに泣く子”の対応方法を保育園での例とともにお伝えします。

 

すぐに泣くのはアピールの1つ

「この子はわがままで、すぐに泣くから困ってしまう」と思う親は意外と多いです。

しかし“思い通りにならないとすぐに泣く”と、“わがまま”はイコールではありません。わがままでも泣かない子もいますし、すぐに泣くからと言ってわがままなわけではありません。

むしろすぐに泣く子は、わがままというより“甘えたい・見てほしい”という願望が強い子に多いのです。

 

すぐに泣く子の保育園での対処法

保育園でも、お友達に物を取られたり先生に叱られたりすると、すぐに泣く子はいます。

「あ、○○ちゃんがまた泣いている」と思っても、子ども同士で解決できる年齢であれば、しばらく遠くから様子を見ています。

まだ難しい年齢であれば保育士が仲立ちして、双方が納得できるよう解決に導いていきます。

泣いていることに対して注意することはせず、泣いた原因をまずは解決して「泣かなくても大丈夫」と泣く必要がないことを最後に必ず話します。

「泣いても泣かなくても、同じようにあなたのことを見ているよ」と伝えてあげることが何より大切だからです。

 

すぐに泣く子に「やってはいけないこと」

source:https://www.shutterstock.com/

「なんでいちいち泣くの! 恥ずかしいからやめてちょうだい!」と叱るのはNGです。こう言われて素直に泣かなくなる子は、まずいません。

それでもやはり、すぐ泣くわが子にイライラして感情的になってしまうものです。

しかし、考えてみてください。

子どもが泣いたら当然のように叱るけれど、泣かなかった時には褒めていますか?

例えば「おもちゃを買って!」と、お店で訴える子どもに対して、ママが「ダメ!」と一言で返し、大きな声で泣き出したとします。

ママは、そんなわが子の状態に恥ずかしさといら立ちを感じ、わが子を叱ってしまいます。

しかし、もしダメだと言った時に子どもが素直にあきらめたら、ママはどんな反応をしますか? おそらく心の中で「泣き出さなくてよかった」と思うだけで、特に褒めることもないでしょう。

子どもにとって泣くことは、“大人を振り向かせる手段”なのです。

すぐに泣くことをやめさせたいのなら、“すぐに叱らないこと”と、“たくさん褒めるようにすること”です。

泣きそうになる状況の中で、もし泣かなかったらその時はきちんと褒めてあげましょう。

泣かなかったことが偉かったと褒めると、泣くことが悪いことと思ってしまうので、「ガマンが出来て偉かったね」などと褒めてあげましょう。

 

些細なことでも泣くわが子を見るのは辛いでしょうが、まずはママ自身が冷静になることを意識してみてくださいね。

 

【画像】
※ Ruslan Guzov , ANURAK PONGPATIMET / Shutterstock

【関連記事】

【泣く・叫ぶ】感情が爆発する子どもにすべきたった1つのこと

ママがいないと泣く子…「ママ離れ」の最善策は?

泣くのは悪いこと?「ウソ泣き」や大げさに泣く子の対処法

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

http://steroid-pharm.com

www.pillsbank.org

220km.com.ua