義母からの「ちょっと困るLINE」…早く会話を終わらせるコツ

photo by ChillybinCrew

筆者は「自分の恋愛時代にLINEがなくてよかった……!」(年齢がバレますね)と、感じることがあります。

送ったメッセージを相手が読んだことが瞬時にわかり、返って来た返信にすぐに反応ができてしまうLINE。

相手や使い方によってはとても便利なツールですが、相手によっては途端に面倒なツールになってしまうものです。その代表的なもののひとつに義母とのLINE連絡があります。

年末年始など、家族と過ごす時間をすごした後にママ友との集まりがあると、必ずと言っていいほど話題にあがる“義母との関係”。

そこで交される会話の中で最も盛り上がった“義母とのLINE”についてまとめてみます。

 

悩んでいるママ増加中!? 義母からの、困った「LINE連絡」

義母とのLINEのやりとり。みなさんは、どのくらいの頻度でおこなっているでしょうか。

「スマホじゃないからやってない」「機械音痴なのでほぼ送って来ない」という羨ましい意見もありますが、親世代でもLINEは便利なツールとして浸透しています。

今まで聞いてきた中でも、最も厄介だなと感じたのは、

“LINEを始めたばかりでその面白しろさに夢中になってしまった”義母の話。

「とにかく一日中、LINEを送ってくる」と悩むママ友の話によると、

「お昼ご飯をたべました」
「○○さんは食べましたか?」
「お天気がいいですね」

など、やることすべてを報告してくるような状況が数週間続いたそうです……。

なんと言っても相手は義母。おざなりに対応するわけにもいかず、本当に参っていました。

 

もう一つは、”やたらと孫の写真をせがんでくる”義母。

写真のやり取りが便利なのも、LINEの特徴のひとつですが、

「○○ちゃんの写真を今送って」

「動画がほしい!」

などという催促LINEに困っているママも少なくありません。

関連記事:あぁブロックしたい…夫がゲンナリする「妻からのLINE」4つ #03【逃げられ妻】

 

これだけは覚えておこう!義母とのLINE対策

source:https://www.shutterstock.com

「送って来ないでください」とは言えないので、とにかく早く会話を終わらせることがポイントです。

夜以降の連絡には「今から寝かしつけです」が有効です。

それ以降の連絡は、翌日に「すみません。一緒に寝てしまいました」や、「遅くなってしまったので、連絡を控えました」という言い訳ができます。

お昼に来た連絡には「今、買い物中なので」や「学校の集まりです」など、今は手が離せませんという内容を送ることで会話を終わらせることができます。

 

全くやりとりをしないというのは不可能ですが、できるだけ簡潔にやり取りを終える策を作っておくことで、義母とのLINEストレスは軽減することができるはず。

スタンプを送って、会話を終わらせたいという方にオススメのスタンプ『』などもありますのでチェックしてみてください!

関連記事: 「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ

 

【参考・画像】
※ 
※ WAYHOME studio/Shutterstock

【関連記事】

※ 「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ

※ 意外とみんな知らない「LINEやりとりのストレスが減る」一言

【女の子ママ】娘を「ワガママ姫」に育ててしまうNG行動3つ

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼