手洗いうがいで満足しちゃダメ!家の中で「ウイルスが潜みやすい場所」とは…

source:https://www.shutterstock.com/

毎年、冬になると猛威を振るう「インフルエンザ」。

学級閉鎖や一家全員が感染してしまうなど、人に感染ると大変! 特に小さなお子様を育てているママや妊娠中の方だと、感染するのを防ぐために様々な予防方法を取り入れていると思います。

予防方法の中で最も基本的なものが、外から帰ってきた時の“手洗い・うがい”。

手洗い・うがいはもちろん大切なことなのですが、それだけでは予防できたと言えないことはご存知でしたか……?

今回は、ChillybinCrew編集部が「インフルエンザの家庭内感染経路」についてまとめてみましたのでご紹介します! インフルエンザを防ぎたいママ必見です!

 

実はインフルエンザの菌やウイルスに「家の中」で感染してしまっているかも!?

ジョンソン株式会社(本社:横浜市/社長:鷲津雅広)は、2017年12月にお子さんがいらっしゃる20~50代の主婦の方441名を対象に、『家庭内でのインフルエンザ予防に関する意識調査』を実施しました。

すると、インフルエンザウイルスの家庭内感染の予防策としては、

「帰宅時に手や顔を洗う(51.7%)」が1位、「帰宅時にうがいする(51.0%)」が2位となり、帰宅時にウイルスを落とそうとする対策が上位という結果になりました。

対して、回答数が少なかったものとしては、「こまめに拭き掃除する(12.5%)」などがあげられ、家具への付着物に対する対策はあまり意識されていないことがわかります。

実はココがポイント。

source:http://www.johnson.co.jp/

手洗い・うがいをいくら念入りに行っていても、一度家の中に入り込んでしまったインフルエンザウイルスが家具などを媒介し、それに人が感染してしまうんだそう!

では、どのような感染経路に家の中で注意すべきなのか? 次項でご紹介しましょう。

 

家の中に要注意!ウイルスが好んで潜みやすい場所って…?

特に気をつけるべき感染源に関して、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏院長はこう述べています。

帰宅後、手洗いうがいを速やかに行い、濡れた手は急速に乾かすことが大切。

しかし、「手洗い」「うがい」を念入りにおこなっても、家の中のインフルエンザウイルスを放置しては、二次感染・三次感染を自ら招いてしまうようなもの。

ウイルスが潜みやすいのは「人の手が触れる場所」「水分・湿気が多い場所」「静電気が発生しやすい場所」。具体的には家庭内のドアノブや水栓金具、家具などに付着していることが多いため、こまめに掃除を行うことも大切です。

ただいま~と子どもが家に帰ってきて、まず最初に触るドアやドアノブ、水道の蛇口、キッチン周りのコップ、トイレ周りなど、触ったものから実はインフルエンザウイルスに感染しているかもしれません!

下の画像は、蛍光塗料をインフルエンザウイルスに見立ててブラックライトで照らした様子……。こんなにベッタリ付着しているなんて驚きです。

source:http://www.johnson.co.jp/

今津先生曰く、家の中での感染拡大の要因となっているのが、手洗いやうがいでは防ぎきれない“残っているウイルス”で、多くのご家庭ではこの残っているウイルスへの意識と対策が不足しているそう。

家庭内での感染拡大を防ぐためには、「家族の誰もが簡単に取り入れられる習慣を徹底」することが重要なのですね。

source:http://www.johnson.co.jp/

そこで、手洗い・うがいに加えて、“アルコール除菌拭き”を習慣化できると良いそうです!

掃除をおこなう際、水拭きだと、ウイルスは拭いた先に移ってしまうだけです。

それに対し、アルコール除菌剤を使用した場合、ウイルスを99.99%除去(※2) するため、家具などを掃除する際は、水拭きではなくアルコール除菌剤を使用することがポイントだそうですよ。

source:http://www.johnson.co.jp/

せっかく家の中での対策方法が分かっても、大人だけしかできないような方法では、結局は家庭内にウイルスを残してしまいます。

その点、家族全員がカンタンに取り組める“アルコール除菌拭き”はオススメ。

ぜひ、本日から新しい習慣として取り入れてみてくださいね!

関連記事:家族全滅も!? 「ノロウイルスの被害が拡大する」NG行動3つ

 

【参考・画像】

※1 調査概要 『家庭内でのインフルエンザ予防に関する意識調査』
調査方法:インターネットリサーチ
実施期間:2017年11月29日(水)~2017年12月1日(金)
調査対象者属性:お子さんがいらっしゃる20-50代の主婦の方
調査対象居住地:全国
回答数:441名
※2 北里環境科学センター「アルコール系除菌剤によるインフルエンザウイルスの除去試験」(2016年11月11日)
※ Studio Romantic / Shutterstock

【関連記事】

※ 

※ 洗ったお皿からノロウイルス!? 「家族全滅」を招くNG習慣とは

※ インフルエンザだけじゃない!「秋冬に要注意の病気」と予防策4つ

 【横浜市】働くママの強い味方!病児保育室「東海キッズケア」がスゴイ

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼