【イヤイヤ期】子どもに言ってもムダ!?「ママの4大NGフレーズ」

source:https://www.shutterstock.com/

イヤイヤ期は2歳頃にみられ、海外でも“Terrible Two”と称され、世界の母親達を戦々恐々とさせる時期です。

今回は子育てアドバイザーであり、4児を育てる筆者が、イヤイヤ期の子どもに言っても分からない言葉と、魔法のように落ち着く言い方をご紹介します。

▼イヤイヤ期の子どもに言っても分からない言葉

イヤイヤ期に限ったことではないですが、子どもは“今”に全力でエネルギーを注ぐものです。

それに対し、多くの大人は、未来に起こるかどうかわからないことを恐れ“今・ココ”をおろそかにすることにためらいがないのかもしれません。

そんな子ども達に通じない!? ママが言いがちな言葉・フレーズは、以下のようなものです。

(1)「後でね」

どれくらい後なのか分からない子どもは、しつこく聞いてくるか、失望して聞くのをやめるかのどちらかです。

また、この「後でね」の約束を守らないと、どんどん子どもからの信用を失って行きます。

 

(2)「早く」

こういわれても、どれくらい早くしたら正解なのかは人それぞれですよね。

そして残念ながら、大人の考える“早く”と、子どもの考える“早く”が一致することは稀です。

 

(3)「うるさい!」「静かにして!」

子どもは大人に聞きたいことがたくさんあります。大人の都合で静かにして欲しくても、自分が“うるさい”とは露ほども思っていないのが子どもです。

彼らはただ、知りたいこと・言いたいこと・怒りたいこと・泣きたいこと・笑いたいことを、素直に表現しているだけなのですから。

 

(4)「ダメ!」

これでは何がダメなのかサッパリ分からず、ただ“怒られた”という思いだけが後に残る言い方です。分かっていないのですから、当然何度も繰り返すことになり、全く意味がありません。

親も自分の親から言われてきたからこそ、このような言葉をつい選んでしまうのでしょう。

ですが意味がないと分かった今、これらの言い方を捨てて、効果的な言葉を選んでみてはどうでしょうか?

関連記事: イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ

 

▼イヤイヤ期の子どもが落ち着く、魔法の対応

source:https://www.shutterstock.com/

●共感する

子どもの要求を飲むかどうかと、共感することは全く別問題です。たとえ無理難題を言われようとも、「そうか、あなたはそれがしたいのね」と一旦共感してみましょう。

共感してもらった子どもは、一段階落ち着いてくれます。その後で、ママの気持ちを伝えましょう。

例えば、食べてはいけないお菓子を、大きい兄姉たちが食べているときに泣いていたとします。抱っこして、「そうか、あれが食べたいんだね」とヨシヨシしてあげてください。

落ち着いてきたら、「ママはあれはまだ食べて欲しくないんだよ。いつも食べてるおやつで、食べたいものはある?」と聞いてあげてください。子どもは意外と、ダメなことはダメと分かっているものです。

関連記事:【2歳】イヤイヤ期に「ガミガミママ」で自己嫌悪…子どもと今を楽しむコツ

 

▼ママが自分を見失わず、冷静になるために

子どもが騒ぎ出したとき、冷静になるためには、次のことを思い出してください。

●困っているのは子どもで、親ではない!

泣いたり騒いだりしているのは子どもです。そうまでしないといられないくらい、何かを要求しているのは子どもです。

親ではありません。ですよね?

 

●親から差し出されるサポートを受け入れるかどうかは、子どもの自由

親は、そんな子どものために喜んでサポートすることはできますが、サポートによって願いを叶えられるかどうかは分かりません。

もしかしたら、願いはかなわないかもしれません。そして、親から差し出されるサポートを受け入れるかどうかは、子どもの自由です。

 

●いつでも願いを叶えることが、必ずしも子どものためにはならない

願いが叶うにしろ叶わないにしろ、その経験は子どものものであり、決して無駄にはなりません。

また、いつでも願いを叶えることが子どものためにはならない、ということも、憶えておいてください。

 

●腹が立つのは、愛している証拠

騒ぐ子どもに腹が立つのは、その子をなんとかして落ち着かせてあげたい、願いを叶えてあげたいと思う“親の愛ゆえ”です。

子どもに怒っているようで、実はなんとかできない自分に腹を立てているのです。

怒りが湧き起こったら「腹が立つくらい、この子を助けたいと思っているのだな」と“自分の愛”を確認してください。

 

2歳前後でやってくる“イヤイヤ期”は子どもの意思がしっかりと確立してきた証拠です。

成長を喜び、祝福する気持ちをもちながら冷静に子どもへ対応できるといいですね。

 

【画像】
※  Julia Kuznetsova、 didesign021 / Shutterstock

【関連記事】

イヤイヤっ子にママも逆ギレ…!? 「外出先でのNGな叱り方」4つ

【2歳】イヤイヤ期に「ガミガミママ」で自己嫌悪…子どもと今を楽しむコツ

イヤイヤ期から反抗期に変わる!? 判別する「3つのサイン」って?

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼