兄は甘えん坊、弟は世渡り上手!? 【兄×弟】の組み合わせあるある

Photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

同じように育ててても、兄と弟でこうも違うものかと思うことはありませんか?

性格、好み、クセ、表情など、不思議に思うことが多々あります。

そこで今回は筆者の子どもである、もうすぐ3歳の兄と7ヶ月の弟を通して、兄や弟の特徴あるあるを観察してみました。

兄弟ではなくても、上の子・下の子でも共通点がありそうなので、女の子ママや異性ママにも「あるある!」を感じていただければと思います。

▼マイペースなリーダー?「兄の特徴あるある」

Photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

第1子というのは、何でも慎重に丁寧に大事に育てられているケースが多いですよね。

よって私の周りの長男坊くんたちは、おっとりとした性格、甘えん坊、マイペースだったりする子が目立ちます。

離乳食や、ハイハイ、つかまり立ち、あんよなどの成長のステップも、本やインターネットでたくさんの情報を得ながら、慎重に見守ってきたというママも少なくないのではないでしょうか。

また、ママだけでなく、祖父や祖母も特に初孫だとメロメロの甘々になってしまうことも。

常にとなりに大人がいて、あやしてくれて、抱っこしてくれて、自分のペースで生活できて、みんなが見守ってくれる環境。

それこそ長男の環境と言っても過言ではないのではないでしょう。このような恵まれた環境であれば、性格の特徴にも納得ですよね。

その他の特徴としては、いつも子分のような弟を連れ添っているので、リーダーシップを持ち合わせている印象を受けます。

また、ママが弟の世話をしているのをよく見ていたり、弟をあやしたりする時間も長いので面倒見がよくなる傾向もありそうです。

関連記事:※ 男の子は優男になりがち!? 【兄×妹】の組み合わせあるある

 

▼笑顔でたくましくなる?「弟の特徴あるある」

Photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

一方の次男である弟の特徴としては、たくましい、世渡り上手、愛嬌たっぷり、要領よしなどが挙げられます。兄の赤ちゃん返りを気にして、何事も兄を優先させている筆者。

よって弟が泣きっぱなしになってしまう時間も多くあります。

兄の用事が終わり、お待たせ〜と弟のところに行くと、泣き疲れて寝ていることも。

抱っこしないと寝なかった兄に比べると、たくましいな〜と思って止みません。

いつも放っておかれてしまう時間があるせいか、親戚や友人が来た時のニコニコ満点笑顔といったらありません。

ここぞとばかりに、「かまってください」「抱っこしてください」とアピールしてるようで笑えてきます。こんなに小さいながらに、「生きる術を心得てる……!」とまで思ってしまう程です。

今のところ人見知りしたことがありません。

ママが兄の甘えん坊のベタベタに手こずってる中、弟は自分で自分のことをせっせとやるようになるとか。

兄という見本がいるのも大きいので言葉も弟の方が、話せるようになるのが早いとよく耳にします。

 

▼兄弟あるあるエピソード

Photo by Author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

やっていいことと、やってはいけないことを見極めてトライして行くのは、兄の仕事のようです。

ママの顔色を伺ったり、時にそれを怠り、先陣を切ってママに怒られます。

自分のやりたいことをやるためには、危ない道(ママに怒られること)を乗り越えて、切り開いていかないといけないので、悔し涙を流すことも多いのが兄です。

それをいつも観察している弟は、賢くもなるはずです。何が良くて悪いのか実写版でいつも勉強できるのですから。

友人の兄弟においては、兄が怒られている時ほど、弟はママに笑顔を振りまくそうです。恐るべし弟の世渡り上手!

関連記事: 男の子の兄弟ママは「3人目」へのハードルが高い?

 

▼兄と弟それぞれのママの教育ポリシー

●自分で考えて行動させる「兄」

常に大人に囲まれ、子どもにとって申し分のない環境におかれている長男。

筆者が気をつけていることは、大人がいつも近くにいることで、子どもがやろうとしてることを先回りして教えてしまうことです。

生活の中でも、遊びでも「自分で考えて、自分なりに、自分の力で達成する」ということを意識して、何でもやってあげないように心がけています。

社会に出たら、先回りして危険や、攻略法を教えてくれるような存在はいないですもんね。

 

●いい意味でテキトー!?「弟」

育児の余裕が少し生まれるせいか、いい意味で適当になるのが2人目。

泣けばすぐに抱っこしていた兄とは違い、弟は後回しにしてしまうこともちらほら。

バタバタ家事をしているママを目で追いかけて、ニコニコし続けてけている姿を見てハッとさせられたことがありました。

ニコニコする事で一生懸命存在をアピールしているように見えたので、すぐに家事の手を止めて抱っこしてあげました。

ママの時間や体力にも限りはありますが、弟を優先する時間も作らないといけないなと思った出来事でした。

 

今回は筆者の子どもや周りの兄弟を観察して、特徴あるあるをまとめてみました。

兄弟の違いって面白いですね。

違いを比較することで、発見があったり、子育てのヒントがあるかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】
※ 著者撮影

【関連記事】

※ 男の子は優男になりがち!? 【兄×妹】の組み合わせあるある

※ 男の子の兄弟ママは「3人目」へのハードルが高い?

※ 一姫二太郎だけじゃない!ママの育児が楽な「兄弟の組み合わせ」パターンって?

※ 

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

LINEで送る
www.gefest-sv.kiev.ua

gefest-sv.kiev.ua

www.chemtest.com.ua/