2人育児もグッと楽になる!? 「食事・入浴・寝かしつけ」時短テク

source:https://www.shutterstock.com/

初めての出産育児をしていると「こんなに大変なのに2人、3人と増えたらどうなるの?」と不安なママもいますよね。

パパが不在にすることが多いと、特に心配になると思います。

そこで今回は2歳と0歳の男の子を育てる筆者が、ママが1人の時、効率よく育児をするためのテクニックをご紹介します。

(1)自分で食べる楽しみを覚えさせる!【食事】

下の子が6ヶ月を迎えた頃、離乳食がスタートしました。

1日1回食の時は、朝の忙しい時間帯をずらして、落ち着いた頃にゆっくりと離乳食タイムを設けることができましたが、2・3回と増えていくうちに、どうしても上の子と同時に食事をさせなくてはならないことも。

そこで困ったのが、上の子が1人でご飯を食べないこと。

技術的なこともありますが、遊んでしまったり、甘えていたりで自力でご飯を食べてくれませんでした。

そうなると、ママを間に挟んで、右では下の子に離乳食、左では上の子にご飯を食べさせてと忙しいことこの上なし。

ママはいつ食べればいいの? という状態になってしまいました。

困った筆者は、上の子に「何としてでも自力で食べさせる!」と決意し、その日から極力手伝わないように心がけました。

納豆ご飯の糸が顔中にからまっていても、口の周りがケチャップでデロデロでも、やってあげることを我慢して目を瞑りました。

そうしてるうちに、1人で食べる楽しさ、ママは助けてくれないということを覚え、自分で食べるようになってきました。食べさせるのが2人から1人になるだけで、ママの負担はかなり減りますよ。

関連記事:【2人目育児】上の子のヤキモチ問題どうする?ママができる簡単対策4つ

 

(2)入浴前の準備がポイント【お風呂】

筆者のうちは、お風呂時間にはだいたい主人が帰っていて、1人が子どもたちを入れて、もう1人が2人を取り上げるという流れになってます。

しかし、出張も多いので1人でやらなければならないこともしばしば。

準備万端に整え、よく頭で段取りを考えてから臨まなければなりません。

筆者の段取りを紹介します。

【準備】
・寒い冬はまず、浴室、着替える部屋を暖房をつけておく
・下着、パジャマ、オムツ、ボディークリーム、塗る薬、ドライヤーなど全て用意しておく

【入浴】
・自分の衣服を脱ぐ(子どもが風邪をひかないよう自分から)
・子どものも脱がせる
・急いで浴室に移動
・3人でまず湯船にあったまる
・下の子を洗う ※洗ったら浴室内に置いておけるお風呂用の椅子があると便利です。
・自分が洗う ※上の子が飽きないようお風呂用のおもちゃがあると時間が持ちます
・上の子を洗う
・3人で湯船に浸かって10秒数える

【お風呂から上がってから】
・浴室内で自分の体を拭く ※すぐに羽織れるバスローブがおススメです
・上の子を拭いてタオルで包む
・下の子を抱っこしてタオルで包む
・着替えの部屋に移動
・子どもたちついでに自分もボディークリームを塗る ※時短のためみんなで一緒のものを使います
・子どもたちにパジャマを着させてから、自分も着替える
・子どもの髪を乾かす上の子には絵本を読んでてもらい、下の子は抱っこ紐でおんぶしたり、ベットから落ちないように工夫して置いて、自分の髪を乾かす

お風呂用の椅子、おもちゃ、バスローブなど便利なアイテムがあると、流れをスムーズに運ぶことができますよ。

関連記事:上の子の赤ちゃん返り対策!「ジェラシーが抑まる」魔法の言葉4つ

 

(3)身体が温まっているうちに!【寝かしつけ】

source:https://www.shutterstock.com/

わが家は、お風呂に入ってすぐに寝かしつけタイムになります。体がポカポカしてうちにお布団に入って入眠してもらうためです。

寝かしつけは、いたってシンプルです。下の子に授乳をしながら、となりに上の子を寝かせトントンするという形です。

どちらかが先に寝れば、眠れていない方に集中し、添い寝をしたり、抱っこしたりします。

やっと1人寝たと思ったら、話し声や、泣き声でまた起きてしまうということもありました。

ママにドッと疲れが出てしまう瞬間です。そこで筆者が学んだのは、寝かしつけの後にやらなければならないことを残さないということです。

自分もこのまま寝てもいいという気持ちで臨むと、寝かしつけがスムーズにいかなくてもイライラすることはありません。かえって、上手くいくことのほうが多い気もします。

どうしても、仕事が残ってしまったときは、少し体を休めようというスタンスで臨んでみてください。ポジティブに考えることでストレスは軽減されるはずです。

 

今回はママが育児を1人でこなさなければいけないとき、スムーズにこなすためのコツをご紹介しました。

2人になって大変なことは2倍ですが、楽しさは10倍以上です。筆者もそうですが、いろいろ試しながら、楽しんで育児ができるといいですね。

 

【画像】
※ Olha Tsiplyar、Sokolova Maryna / Shutterstock

【関連記事】

【2人目育児】上の子のヤキモチ問題どうする?ママができる簡単対策4つ

ママが取られちゃう…!「不安を抱える上の子」にしてあげたい事4つ

上の子の赤ちゃん返り対策!「ジェラシーが抑まる」魔法の言葉4つ

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法とは[PR]

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

LINEで送る
читать дальше seotexts.com

www.best-cooler.reviews

www.best-cooler.reviews/best-soft-sided-cooler-guide/