「お兄ちゃん・お姉ちゃんが欲しい!」と言われたらどう答える?

source:https://www.shutterstock.com/

筆者の4歳になる娘は、幼稚園に入ってから「赤ちゃんが欲しい!」とよく言います。 

兄妹のいるお友達が多く、抱っこひもの中に赤ちゃんを抱くお友達のママを見るたびに、「どうしてママには赤ちゃんがいないの?」と聞いてくることもしばしば。

「とうとう来たな」。覚悟はしていたけれど、2人目の予定がないわが家ではその娘の質問にどう答えてあげるべきかに悩みます。

そこで今回は、「きょうだいが欲しい!」と子どもに言われた際にどうすべきなのか、筆者の経験と周りのママ友に聞けた内容をご紹介します。

▼子どもが「きょうだいが欲しい!」と言い出す瞬間って?

仲良くしているママ友に聞くと、みんな同じような経験をしていることがわかりました。

1人っ子の子が弟や妹を欲しがるのは、どこの家庭でも当たり前に起こることですよね。

聞いていると、それ以外にも面白い話がありました。

お友達のお兄ちゃんと遊んだのが楽しくて「僕もお兄ちゃんが欲しい!」と言い始めた子、幼稚園のお姉ちゃんたちが大好きで「お家にお姉ちゃんが欲しい!」と言って泣いた女の子。

弟や妹はまだ現実的ですが、上の兄妹を欲しいと言われると親は困ってしまいますよね。

子どもからそういった“無茶なお願い”をされたとき、ママたちはどのように対応しているのでしょうか。

ママたちの回答エピソードをご紹介します。

関連記事:ポジティブな理由だってある!? 「2人目の妊娠をためらう瞬間」3つ

 

▼ママ達に聞いた「きょうだいが欲しい!」の回答例

弟・妹が欲しいと言われたママ…

「おもちゃやお菓子、赤ちゃんと半分こできる? ちゃんと分けっこしてくれるお兄ちゃんのところにしか赤ちゃんは来てくれないんだよ」

「ママはもう無理だから、あなたが大きくなったらかわいい赤ちゃんを産んでね」

 

兄・姉が欲しいと言われたママ…

「無理、無理!(笑)」

「パパがお兄ちゃん、ママがお姉ちゃんをやってあげる!」

意外にも、小さな子ども相手でも「無理なことは無理よ」ということをそのまま伝えていると答えているというママが多かったのが印象的でした。

関連記事:【2人目あるある】きょうだいを平等に愛せない!その理由とは

 

▼子どもに何と答えてあげるのが理想的なの?

source:https://www.shutterstock.com/

子どもから「お兄ちゃん・お姉ちゃんが欲しい」と言われたとき、なんと答えてあげることが正解なのか、この問いに対しての“明確な答え”は簡単には出てきません。

子どもの性格や、2人目・3人目が現実的なご家庭かどうかでも、対応は変わってくるからです。 

しかし、子どもが純粋にきょうだいを欲しがったとき、子どもの気持ちをワクワクさせてあげられるような、そしてそれが叶わなくても傷つかないような答えを言ってあげられるといいなと思います。

「ママも欲しいんだぁ。かわいい赤ちゃんがお家に来るように、一緒に神さまにお願いしようか!」

「うちにはもう赤ちゃんはこないんだ。でも、パパとママと○○ちゃんと3人で仲良く楽しく過ごすのもとっても幸せじゃない?」

その場しのぎのウソではなく、子どもの気持ちと向き合い、しっかり受け止めたうえでママやパパの気持ちを伝える。 

これが一番、子どもの心に伝わる方法のような気がします。

 

もし、いつか子どもに「きょうだいが欲しい!」と言われたら、今回紹介した回答を参考に、子どもにちゃんと向き合ってあげてくださいね。

 

【画像】
※ Snezana Ignjatovic、KonstantinChristian / Shutterstock

【関連記事】

ポジティブな理由だってある!? 「2人目の妊娠をためらう瞬間」3つ

【2人目あるある】きょうだいを平等に愛せない!その理由とは

きょうだい育児中のママに聞いた!「2人目妊娠は予想外 or 想定内?」

実は長子が甘えん坊?「3人きょうだい」の性格あるある

※ 

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

www.best-cooler.reviews

https://gazon.net.ua

220km.com.ua/category/akkumuljatory-zhitomir/