叱るのは無意味だった!? 「わざと親を困らせる子」へのNG行動

source:http://www.shutterstock.com/

2歳を過ぎると、多くの子はハッキリとした自己主張をするようになってきます。時には親が困る行動をすることも。

その困った行動は、無意識の場合もあれば、わざとしている場合もあります。

今回は子育てアドバイザーであり、4子を育てる筆者が、ママが困る行動をする子どもへ「しないほうがいいこと」をお伝えします。

▼子どもはなぜ「困った行動」をしちゃうの?

子どもは大人とは違い、時間の観念があまりありません。

ですから、コレをしたらどうなる、という風に先を読むことがないのです。先を読むことなく、“今”楽しいことをするのが子どもです。

子どもと言う生き物は、大人がびっくりするようなことをするものだということを理解しましょう。

そのような行動は、子どもに“元気”がある証拠です。逆に、いつもおとなしい子どものほうが心配ではありませんか?

そんな子には、“今それをしたかったんだね”とまずはその子の気持ちを受け止めるといいでしょう。

自分の気持ちを分かってくれて安心した子どもは、次に注意をされても、素直に聞けるものです。社会のルールを教え、導くのが大人の役割ではないでしょうか。

関連記事:「もう~あなたってダメね~」はNG!? 正しい褒め方・叱り方

 

▼「親が困る行動をわざとする子」に親がしてはいけないこと

source:http://www.shutterstock.com/

筆者がこれまでみてきた経験から、親が困る行動をわざとする子どもは、次のようなサインを出していることがあります。

・怒りっぽい
・親の言うことを知らんぷりする
・弟妹をいじめる

上記のような行動が見える子は、もしかしたら“愛情タンク”が空っぽか、それに近い状態なのかもしれません。

そんな状態の時は、おしっこで部屋を汚したり、おもちゃを壊したりといった、絶対に自分の親が怒るだろう行動をわざと取ったりします。

そんなときにしても意味が無いのは、“子どもを叱責”したり、“何かを制限するなどの罰を与える”ことです。

なぜかというと、子どもは親の意識をこちらに向けたくてその行動を取っている可能性が高いからです。

最近のご自身の行動を見直してみてください。スマホばかりいじっていませんか? 忙しすぎて、子どもとの時間を削っていませんか?

そんな状態の時に子どもを叱る行為は、“ママがこっちを向いてくれた”という、子どもにとっての成功体験になってしまいます。

こっちを見て欲しいときは、ママが困ることをすればいいんだと教えるようなものです。

関連記事:【3歳】脱・ガミガミ母さん!子どもの心に響く「正しい叱り方」とは?

 

▼「愛情」を満たしてあげるための4つの方法

子どもの“愛情タンク”がいっぱいになれば、子どもは親が困る行動を取ることはなくなります。小さな子の愛情タンクのため方例を以下にご紹介しますね。

(1)集中して遊んでいるときに、承認の言葉をかける

子どもが1人で遊んでいるとき、これ幸いと家事やスマホにかまけてはいませんか? 

そんなときは、「積み木で遊んでるんだ」とか、「虫さんの本、好きだね」と、軽く声をかけてあげてください。子どもは自分のしたことを認めてもらえて、嬉しく感じます。

 

(2)当たり前を認める

「大きくなったね」この言葉だけで、子どもは嬉しくなるもの。

大きくなることは、当たり前のことです。それでも、まだ小さな赤ちゃんの頃は、寝返り、ハイハイ、たっちなどを喜び褒めることをしてきませんでしたか? 

その子なりの小さな成長を認めて、「こんなことが出来るんだね」と、言葉をかけてあげてください。

 

(3)親を“助けさせて”あげる

ただ、お手伝いをお願いするのではありません。それはその子がやりたがることで、かつ、親が助かることが条件です。

もし買い物カートを引きたがったら、「うわあ、引いてくれるの?ママ助かるな~」と喜んで見せてください。大好きな人の役に立つことは、全ての人間にとっての喜びであり、自分の存在意義を深める行為です。

 

(4)添い寝

筆者の四番目の子である長男は、最近小学校へ入学しました。入学してからというもの、息子の行動は目に余るものばかりでした。

そこで、夜の添い寝での寝かしつけを、久しぶりに再開してみたのです。結果は驚くほど落ち着きました。ウソのような、本当の話です。

寝入る前の時間は、心も身体も芯からリラックスしている時です。そんなときにぴたりと密着していると、親からの愛情を受け取る窓が開いているのかもしれません。

 

最近、困ることが多いと思ったら、まずは自身がどのように子どもと向き合っているのかを振り返りましょう。

そして、ぜひ上記のことを試してみて下さいね。

 

【画像】
※ Antonio Guillem、Oksana Kuzmina / Shutterstock

【関連記事】

「もう~あなたってダメね~」はNG!? 正しい褒め方・叱り方

【3歳】脱・ガミガミ母さん!子どもの心に響く「正しい叱り方」とは?

人格否定・体罰・暴言…「子どもの心に大きな傷」を与えるNGな叱り方7つ

※ 

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

LINEで送る
разработка интернет магазина киев

avtokum.com

top-obzor.com