【助産師に聞いた】どうする?母乳育児中の「内服薬」

source:http://www.shutterstock.com/

病院でお薬を処方されるときに、「授乳中は飲んだ薬が赤ちゃんに影響するから、しばらく母乳をやめてください」と言われることがあります。

具体的にどのお薬がどのくらい影響するのでしょうか。

本当に授乳中は一切お薬を飲んではいけないのでしょうか。

助産師である筆者が、これまでの経験と書籍を確認し、安心して授乳を続けるにはどのようにしたらよいのかをお伝えします。

▼お薬を飲むとどのくらい母乳に影響が出てしまう?

じつは母乳にお薬が移行するのはママが飲んだ量の1%程度にすぎず、ほとんど影響がない量しか分泌しないことが分かっています(※1)

赤ちゃんが予定日よりかなり早く生まれた場合は、薬を処理することができないことがあるため、内服を控えたほうがよいこともあります。

しかしこれは生まれた直後だけであって、体重が増えていけば薬の影響は少なくなり、離乳食を食べるころになれば、ママが内服しながら授乳しても影響はほぼありません。

関連記事:風邪でも休めないママに!簡単&美味しい「薬膳スープ」レシピ

 

▼日常的なお薬は大丈夫

source:http://www.shutterstock.com/

日常的に内服する可能性がある、風邪薬・痛み止め・胃薬のようなお薬は、授乳中でも差し支えないと考えてよいようです。

でも、授乳中は控えたほうが良いお薬もあります。

具体的には(1)抗がん剤(2)放射線物質(3)精神神経疾患用の薬(長期間内に内服する場合)です。

関連記事:【妊婦さんのギモン】医薬品・漢方・サプリとの付き合い方~医薬品編~

 

▼「母乳を続けたい」と伝えることが大切

 お薬を処方されるときには「母乳育児を続けたい」とお伝えすることをおすすめします。

薬が必要な場合は、赤ちゃんに影響の少ないお薬に変えてくれることもあります。

しかし残念なことに、「授乳中に安全な薬はないから授乳をやめるように」と、母乳に理解を示してくれない医師も存在します。

そのように言われたときは、病院を変えることも選択肢のひとつ。母乳に理解のある先生は必ずいらっしゃいます。

小児科医の水野克己先生が、書籍で書かれていた言葉(※1)を引用します。

ほとんどの薬は授乳しても差し支えないと考えられます。とはいえ、わが国の医療現場では「授乳中のお母さんに対してほとんどの薬は処方してはならない」という考えがまだ根強いのが現状です。母乳を続けながら治療をしたいという気持ちを医師に率直に話し、相談してみてください。

※1 水野 克己『これでナットク母乳育児』 – へるす出版

つまり、抗がん剤など一部を除き、授乳が続けられないようなお薬はほとんどないのです。

 

▼授乳中のお薬を調べられるように

 影響がないといわれても、先生によって言うことが違うと不安になるのは当然です。

そんなときに、ママが自分で調べられる方法をご紹介いたします。

【母乳と薬の相談先】

  (1)

ダウンロードすると薬名が出てきます。

なかには、「市販では安全性が△と書いてあっても、実は◎」のようなお薬が多数あります。

 

  (2)

(英文です。薬剤名を英文入力すると、レベル1~5で安全性を判断します)

 

  (3)

電話で薬の安全性について相談にのってくれます。(月曜~金曜10~12:00のみ)

 

なにより、母乳育児中はママの健康が不可欠です。

お薬を控えて体調がすぐれない日々を過ごすよりも、早く治して元気に育児してくださいね。

 

【参考・画像】
※1 

※  White bear studio、 fizkes / Shutterstock

【関連記事】

【医学博士が解説】「妊娠中の花粉症」薬は飲んでいいの?

風邪でも休めないママに!簡単&美味しい「薬膳スープ」レシピ

【妊婦さんのギモン】医薬品・漢方・サプリとの付き合い方~医薬品編~

※ 

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼