オール100円!突然の「風邪・インフルエンザ」で役に立つグッズ6選

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

急な発熱や胃腸炎など子どもの体調不良はいつやってくるか分からないですよね。

特に冬はインフルエンザや風邪など、子どもの体調不良が増えます。

春の暖かさと冬の寒さが入り混じり、気温の差が激しくなる3月もまだ油断ができません。

今回は3人の子どもがいる筆者が、100円ショップで見つけた“看病アイテム”一式をご紹介します。

▼(1)発熱時の定番「冷却シート」

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

熱が出たら、まず、おでこにペタッ貼るのが冷却シート。

その、おでこにペタッと貼るタイプのシートはもちろん、氷枕代わりになる”固くならないアイスジェル”など冷却シリーズが種類多く販売されています。

額や頭より、首や脇、鼠径部を冷やすと良いとも言われていますが、首からかけて、パチンとするだけの冷却ジェルもありますよ。

 

▼(2)寝たまま水分補給できる「ペットボトルのストローキャップ」

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

下痢や発熱のときは、「水分補給をしっかりとしましょう」と、医師からも指導を受けることがよくあります。

しかし、体調が悪くベッドに横になっていると、子どもは起き上がれないこともあり、飲み物を飲ませるのが一苦労です。

そんなときは、ペットボトルのフタにストローが付いているアイテムが役に立ちます。ストローが付いているので飲ませやすく、フタがしっかりとしまるので倒れても中身がこぼれません。

赤ちゃん用のプラスチックマグも、同様に使えますよ!

 

▼(3)嘔吐や下痢のときは「レジャーシート」

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

「レジャーシートを一体何に使うの?」と思う方もいるかと思いますが、実は、嘔吐や下痢のときに使えるアイテムです。

寝ているときの突然の嘔吐のために、シーツの下に敷いておくことや下痢のときのオムツ替えシートとして使用できます。

掃除がラクになるだけではなく、二次感染の予防にも繋がりますよ。

使い捨て手袋や除菌シートとセットにしておくといいですね。

関連記事:家庭内パンデミック対策に準備して!「ノロ・インフル嘔吐物処理セット」

 

▼(4)湿度をアップ!「スプレイヤー」

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

加湿器を設置している家庭も多いかと思いますが、インフルエンザウイルスなど感染しないために必要な湿度は、50%~60%と言われています。(※1)

加湿器の種類にもよりますが、湿度を50%以上に保つのは意外と大変……。

筆者の娘が通っている保育園では、加湿器に加え、スプレイヤーでシュッシュッとカーテン、布団などに湿気を与えているようです。

100円ショップでは、たっぷり水の入るスプレイヤーや置いておいても違和感のない、可愛いスプレイヤーなど、こちらも種類が多くありますよ。

一人発症すると、家族みんなで体調が悪くなるので、湿度を与えて予防をしましょう!

 

▼(5)家族分の「マスク」もサイズ違いで揃う!

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

昔の100円ショップのマスクは、安く薄いといった頼りがいないイメージでしたが、最近はコストパフォーマンスだけでなく機能もしっかりとしていて驚きます。

メガネが曇らないマスク、化粧落ちしないマスク、99%カットフィルターなど大人のマスクだけで10種類以上が並んでいます。

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

また、子ども用マスクの柄も豊富で、男の子には『カーズ』などの車や電車のキャラクター柄、女の子には『サンリオ』や『ディズニー プリンセス』などのキャラクター柄があります。

便利なマスクが家族分揃うので、一度見てみる価値アリです。

関連記事:手洗いうがいで満足しちゃダメ!家の中で「ウイルスが潜みやすい場所」とは…

 

▼(6)ドアノブも忘れずに除菌!「除菌シート」

photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

嘔吐した後の処理で必ず行う除菌は、サッと拭けて捨てられる”シートタイプ”がオススメです。

100円とは思えないくらいの厚手のものや大判サイズの除菌シートもあります。

携帯用の除菌シートは、看病している人に感染らないよう、トイレや寝室、ドアノブの近くなど家中に置くことができますよ。

関連記事:インフルエンザ対策の新事実!医師がオススメする「家庭での新習慣」(PR)

 

今回ご紹介した看病グッズは、急な体調不良に備え薬ボックスと一緒に準備しておくときっと役に立ってくれるはずです!

ぜひ参考にして、急な看病の時にも慌てないようにしてくださいね。

 

【参考・画像】

※1
※ 著者提供

【関連記事】

家庭内パンデミック対策に準備して!「ノロ・インフル嘔吐物処理セット」

冬のおでかけに要注意!妊婦さんが「特に気を付けたいこと」3つ

赤ちゃんの風邪予防にも?簡単「ねぎ料理」レシピ3つ【旬野菜#05】

アルコール消毒だけじゃダメ!?「ノロウィルス」家庭内感染対策

※ 

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

www.www.220km.com.ua

https://winnerlex.com.ua

medicaments-24.com