「日本一寂しい公園」その理由とは…? #パパパラッチ03 

photo by author

子どもができると避けて通れないのが、公園通い。

自分が幼少のころ以来ですから、20年ぶり30年ぶりの公園通いとなります。

筆者も子どもができて30年ぶりぐらいに公園に通い始めたころ、「安全性のために地面がクッション性になっているのか!」と驚いたものです。

また、親として公園に行ってみると、遊具の充実、清潔面、うっとうしいママ連中がいないといった意味でのいい公園、悪い公園というのも出てきます。

息子ができて主夫として育児をこなす中で見つけたモノやコト、その写真からあーだこーだ言っていく村橋ゴローのフォトコラム連載3回目は“公園”です。

▼怖い公園

筆者が発見したのが、怖い公園。それがこちら……。

photo by author

初めてこの看板を見たとき、思わず「ヒィィ」と恐れおののいてしまいました。

時代モノすぎて剥げ落ちたワンちゃんのペイント、怖すぎます。まるで顔の皮がズルむけてしまっているようです。

あと、左下にある何者かの顔のシール。僕はi-Phoneを使用しているのですが、

いや、「ピープル」って顔認証しなくていいよ!(苦笑)

 

▼日本一寂しい公園

先日、筆者が思った“日本一寂しい公園”を発見しました! それが……

photo by author

この吉祥寺南公園。顔のイラストが、シンプルすぎ……というか大雑把なんじゃ……!?

それはさておき、この公園のどこに筆者が“日本一寂しい”と感じたかといいますと、お隣にあるのが「井の頭公園」だからです。

井の頭公園といえば都内でもズバ抜けた知名度を誇っていますし、訪れたことはなくても名前だけは聞いたことがあるはずです。

……そんな超有名店の隣りに、公園はなくても良い? 気もします。

photo by author

遊具もこれだけ。汚れがびっちりと付いているところを見ると、誰も遊んでないのでしょう。

巨大ショッピングモールの横にひっそりとたたずむ個人商店にも似てます。

先生、なんだか泣けてきました。

しかし個人商店にだって、意地があります。注意書きを見ると……

photo by author

そこはアメコミ調なんかい! 

このようにいつも通ってる公園にだって、ちょっと視点を変えてみるといろんな“オモシロ”が隠れていたりします。

そんな目線で見てみると、いつもの公園通いも違った発見があるはずですよ!

 

【画像】
※ 著者撮影

【関連記事】

街角で発見!巷で人気の品薄「はなかっぱ鉢」#01【パパパラッチ】

義母72歳、「渾身のアンパンマン」その結果は…!? #02【パパパラッチ】

女の世界の「色々」…!? 今と昔の公園デビュー事情って?

公園や児童館デビューが上手くいく!ママ友と「良好な関係を保つコツ」

妊活を始めて5年…「公園にいる親子が憎い」#09【 妊活QA】

※ 

※ 

※ 

【今週の人気記事をピックアップ★】

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

LINEで送る
https://velotime.com.ua/

velotime.com.ua/category/velosipedy-comanche/

見て coop-menkyo.jp