保育園の「保護者会」って何をするの?注意点とトラブル事例

source:https://www.shutterstock.com/

新生活がスタートして早いもので1ヶ月が経ちましたね。連休後に保護者会を予定している保育園は多いのではないでしょうか?

「えっ……保育園でも“保護者会”ってあるの?」

そんな戸惑いを隠せないママのために、今回は“保育園の保護者会での注意点とよくあるトラブル”をご紹介します。

直前になって焦らないようにしっかりチェックしておきましょう。

▼保育園の保護者会って何するの?

保育園の保護者会は、子どもたちが楽しい保育園生活を送るために、先生と保護者が情報交換をする貴重な場。

source:https://www.shutterstock.com/

「どのように園で過ごしているのか」「家庭での過ごし方」など、保護者同士の自己紹介を交えながら、教育方針の確認をしたり役員決めをしていきます。

また、保育園によっては、「子どもたちと一緒に遊びましょう」「父母との思い出を作りましょう」といった趣旨の保育参観を企画しているところも! 

日ごろ交流する機会のない父母同士が親睦を深めることは、子どもたちが安心して過ごせる環境作りに繋がるそうですよ。

 

▼どんなことに注意したらいいの?

ワーキングママの多い保育園の保護者会は職場からそのまま直行する人が多いため、服装はオフィスカジュアル率が高いといいます。

ただし、子どもたちと一緒にカラダを動かしたり、遊ぶ予定のあるときは、スーツではなくチノパンなどの少しカジュアルめなスタイルの方がベストです。特に指定のないときは、露出度の少ない落ち着いたファッションで参加しましょう。

服装はもちろんですが、持ち物にも注意が必要です。

なかなか園に来ることのない保護者に向けて、保護者会ではさまざまな資料が配布されます。A4サイズの書類を持ち運べるサイズの大きめのバッグで行くか、エコバッグを持っていくとよいでしょう。

source:https://www.shutterstock.com/

また、スリッパが用意されていないケースが多いので、コンパクトに折りたためるスリッパ、脱いだ靴を持ち歩けるビニール袋を持参することをおすすめします。

 

▼よくあるトラブルと対処法

●役員がなかなか決まらずぐったり……。

年度初めの保護者会で役員を決めるんだけど、「仕事があるから」「介護があるから」と断る人が多すぎて、元役員から「いい加減にしてよ!」と怒りの声が……。それでもなかなか決まらなくて、家に着いたのは10時過ぎ。仕事よりどっと疲れたし、ストレスが半端ない。次の年からは「仕事が入って休めない」ことを理由に欠席することにしました(36歳/2児の母/金融)

●グループラインにうんざり……。

source:https://www.shutterstock.com/

保護者同士の親睦を深めるためにグループラインを組んだんだけど、とにかく人数が多いから通知の回数も多くてウンザリ! 通知オフにして未読スルーしていたら、「きちんと返事してください!」と突っ込まれるし……。一人だけハブられるよりはマシだと前向きに考えるようにしているけど、正直やっていける気がしない(33歳/1児の母/IT)

●ヘラヘラしている先生に思わず……!

子どもが保育中に骨を折る大怪我をした直後の保護者会で、先生がヘラヘラしながら「ごめんなさい、お母さん。大丈夫ですか?」と声をかけられてカチンときたことがある。思わず「あなたが見ていなかったからでしょ!」と怒鳴り散らしてしまったけど、大人げなかったかな……(34歳/1児の母/販売)

和やかなムードで終わる保護者会もあれば、役員決めを巡ってケンカが勃発したり、担任の先生への苦情を伝えたり、保護者同士の「LINE」に関する相談が絶えないところも……。

トラブルに巻き込まれないためには、どんな時も「子どものためとはいえ必要以上に関わらない」のがベストかもしれませんね。

毎日通う子どものための保護者会。子どもも保護者も気持ちよく園生活を送ることを第一に考えて、話し合いに参加できるといいですね。

 

【取材協力】
※ 保育園に子どもを預けている20~40代既婚女性

【画像】
※著者撮影、 Ljupco Smokovski、 ChiccoDodiFC、 Tsveta Nesheva、ponsulak/ Shuterstock

【関連記事】

※ あ~いるいる!保育参加、保護者会での「迷惑親」のNG行動3つ

※ 「家事と仕事の両立に成功している」ママがしている5つのコト

アレに要注意!ママ友と「ほどよい距離感を保つ」ために守るべき3つの鉄則

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼