簡単手作り母の日ギフト♪「カーネーション」のハーバリウム

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

今年の母の日のプレゼントは、“手作りハーバリウム”にしてみませんか?

ハーバリウムとは、ドライフラワー・プリザーブドフラワーなどを使い、本物の植物を観賞用として加工した“植物標本”のこと。半年から1年くらい鑑賞できるんですよ。

実母や義理母にあげて、来年の母の日まで飾って楽しんでくれたらうれしいですよね!

そこで今回は、母の日にプレゼントとして贈られる事が多い”カーネーション”を使ったハーバリウムの作り方をご紹介します。

所要時間は30分~1時間、予算は1,000円程度で作ることができますよ。

 

▼ハーバリウムを作るのに必要なもの

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

(1)花材

ハーバリウムにはドライフラワーかプリザーブドフラワーを用意します。

カーネーションのドライフラワーは”素朴な可愛さ”が出て、プリザーブドフラワーは、”発色がとてもキレイ”です。好みに合わせて選びます。

そして、カーネーションと言えば”かすみ草”。花材は、カーネーションとかすみ草の二種類でも可愛く仕上がりますが、お好みで、違う花材を混ぜても個性的で素敵です。

 

(2)ビン(ボトル)

細長いビンや丸いビン、ウイスキーボトルのような形など、イメージに合わせて選びます。専用のビンで探すだけでなく、キャップがひねるタイプのもので液体がこぼれなけいモノを探すと幅が広がりますよ。

また、自宅にあるものを使用するときは洗浄・消毒し、乾燥させてから使用しましょう。

 

(3)オイル

ビンの中に入れる液体は、“ハーバリウム専用のオイル”です。母の日のプレゼント用でしたら、ビンとオイルのセットで購入するとあまりが少なく経済的かもしれません。

 

(4)その他

割りばしorピンセット、花を切るはさみを使用します。アクセントとしてビー玉や石を使うとキラキラと輝きが増しますよ。

材料は、花材専門サイトや楽天などのショップで購入することをオススメします。品質にはバラつきがありますが、「メルカリ」などの“フリマアプリ”でも手軽に購入できますよ!

 

▼「ハーバリウム」は簡単3ステップで完成

(1)ハーバリウムの完成イメージを想像して、材料を並べてみる

どの花をビンのどこに入れるか、色味などのバランスを見て、花をカットし配置を考えます。

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

花全体にオイルが浸透するまでは少し時間がかかりますが、ドライフラワーのカサカサした印象が減りますよ。また、ブリザーブドフラワーは、より鮮やかな色味へと変化します。

カーネーションにも様々な色があったり、色のないブリザーブドフラワーの“白のカーネーション”も珍しく、喜んでもらえると思いますよ。

 

(2)完成をイメージしながらドキドキ♡ビンに入れていく

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

ビンの底に長さが短いものから順に入れていきます。小さいものは浮くことがあるので、周りの花材で支えるのがポイント。

オイルを入れてからの調整ができない場合もありますので、この時点で仕上がりを想像し、詰め込んでいきます。長めのピンセットや割りばしを使うと、動かしやすいですよ!

今回作成したものは、小さなビンに花材を数点いれるだけの簡単作業なので、初心者の方にもできますよ。

 

(3)優しく、ゆっくりオイルを入れる

ゆっくりとオイルを入れます。勢いよく注ぐと花材が動くので、ビンを傾けたりじょうろを使い、優しく注ぎましょう。

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

最後に、しっかりキャップをしたら出来上がりです!

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

 

▼母の日ギフト用に、簡単に可愛くラッピング

(1)カゴを使うラッピング

完成したハーバリウムを、贈り物としてラッピングしましょう。凝ったラッピングでなくても、“カゴ”を使うと一気に可愛さが増しますよ。

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

(2)人気のあのアイテムでラッピング

「ダイソー」で人気のある”マグネットケース”を使うと、冷蔵庫にもハーバリウムを飾れます。

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

銀のフレームは、そのまま使用してもオシャレですが、マスキングテープでデコレーションするとより可愛くなりますよ。

Photo by author
出典: ChillybinCrew(イットママ)

郵送する場合は、ビンが割れないようにラッピングしてください。ビンとボックスがセットになっているものを使うと、安定し郵送やすいですよ。

 

世界に一つの贈り物「手作りハーバリウム」は、カーネーションだけでなく好みの花も入れることができるのもポイントです。

あげる相手の好きな花や、贈りたい“花言葉”で入れる花材を決めて手作りギフトを楽しんでみてくださいね♪

 

【参考・画像】
※ すべて著者提供

【関連記事】

100均アイテムで超簡単♡ギフトにもおすすめ「ハーバリウム」の作り方

お義母さんにも喜ばれる♡「母の日ギフト」にオススメアイテム3選

母の日には「食べられる花」を!? 感涙必至のサプライズフラワー4選

※ 

※ 

※ 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼