保育園は私立と公立で違う?気になる「保育料の差」は?

source:http://www.shutterstock.com/

保育園に入園するために情報収集をしたいけど、たくさんありすぎて何が何だか分からない……というママも多いことと思います。

また、地域によっては保活が激戦で保育園を選んでいる余裕がないというママもいるかと思いますが、保活をスタートするにあたり基礎知識を知っておくとよいこともあるかと思います。

今回は現役保育士の私が私立と公立の保育園の違いについて簡単にお話ししたいと思います。

▼保育園には二種類ある

保育園には私立公立の二種類の園があります。

一番の違いは保育園の運営元です。

一般的に私立と公立というとお金が違ってくるようなイメージがありませんか?

実は保育料はほとんど大差がないのです。

保育料というのは保護者の方々の所得によって決まってきます。

地方自治体によって多少の差はありますが、国の定めた基準によって保育料が決められています。

そのため私立、公立というくくりでの保育料の差はありません。

 

▼私立保育園の特徴

私立の保育園の運営元は、社会福祉法人やNPO法人、学校法人、株式会社など多岐に渡ります。

そのため、各運営元によりその園の保育の特色が大きく変わってきます。

source:http://www.shutterstock.com/

英語教育を取り入れていたり、食育に力を入れていたりなどなど。

活動の特色が違ってくる分、各園の雰囲気も大きく変わってきます。

保護者の方々が子どもを育てる上で取り入れたい保育内容の園を選ぶことも大切ですが、まずはその園の雰囲気が自分のお子さんに合っているのかどうかを考え、吟味することがとても大切だと思います。

 

▼公立保育園の特徴

公立保育園の運営元は地方自治体です。

source:http://www.shutterstock.com/

働いている職員は保育士であり、公務員でもあります。そのため勤続年数の長いベテラン保育士が多いです。

ただ同じ市内や区内の公立保育園間での職員の異動がありますので、ずっと同じ先生にみてもらうということが難しいこともあります。

だからといって保育の質が落ちるとは限りませんのでご安心を。

また地域によって差はありますが、私立ほど園によっての保育の特色や雰囲気に大きな違いはありません。

 

保育園は子どもたちが初めて“社会経験”をする場であります。

保護者の方々のニーズはもちろんですが、子どもにとってどの園を選ぶのが最善であるかを考え、じっくりと保育園選びをしていただけたらと思います。

 

【画像】
※  ChiccoDodiFC、 Vladimir Nenezic、 Tyler Olson / Shutterstock

【関連記事】

仕事以外は利用NG?知っておきたい「土曜保育のマナー」

保育園の先生に習う!なかなか眠らない子の「寝かしつけ方法」2つ

※ 保育士が教える「連休明けの子ども」がやりがちな行動って?

※ 

※ 

※ 

 

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼