ガミガミ叱らないママがしつけに使っている「メラビアンの法則」って?

ガミガミ叱らないママは「●●の法則」を駆使しているって気づいてた?
source:https://www.shutterstock.com/

毎日のように叱っているけれども“馬の耳に念仏”状態……、なんて嘆いているママはいませんか?

毎日毎日「片付けなさい」「早くしなさい」「ダメでしょ、何度言ったらわかるの!」と怒っている自分にも嫌になってしまいますよね。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“馬の耳に念仏”にならない叱り方について、ある法則をもとにご紹介します。

▼「メラビアンの法則」を活用しよう

『メラビアンの法則』ってご存じですか? 人の行動が他人にどのように影響を及ぼすのか、その割合を数値化したものです。

話の内容・・・7%

話し方・・・38%

ボディランゲージ(身振り手振り、顔つき、視線、外見、服装等)・・・55%

(※1)

“○○大学の▲▲教授”のセミナーで、内容はとっても面白いはずなのに、“抑揚のない喋り方”“テンポ、リズムのない話し方”“ありきたりなスーツ姿”という条件が揃うと、面白さがダイレクトに伝わらず、聞く方は睡魔と闘うハメになりがちですよね。

このように、人に何かを伝えたい時は、“話の見せ方”や“伝え方”が重要なのです。

 

▼「一発で届く」叱り方のための4つの鉄則

子どもにしつけをする時にもこの『メラビアンの法則』を応用しましょう。

例えば、“お友達をいつも突き飛ばす”、“触ってはいけない湯沸しポットや炊飯器の蒸気に手を出す”など絶対にしてほしくないことってありますよね。

そんな時は以下のようにしてみましょう。

(1)ブレザーなどを羽織って違う雰囲気に

普段、家では着ない服装をしてみましょう。ジャージ、エプロンはNG。ブレザーを羽織るだけでも違います。見た目が変わります。

これだけで子どもは普段と違う雰囲気を察し「今から重要な話があるんだな」と思ったりします。

(2)姿勢を変える

次に姿勢。足を組んだり股を開いたり、猫背だったりだらしがない姿勢は止めましょう。

叱る時は背筋をシャンと伸ばして改まった姿勢になりましょう。同時に子どもにも正座して座ってもらうなど、姿勢を正しましょう。

(3)目を合わす

視線を合わせていなければ“心ここにあらず”の状態です。

「今から大事な話があります。お母さんの目をしっかり見なさい」などと目を見るように言います。

普段、自分のことを「ママ」と呼んでいても、この時ばかりは「お母さん……」と改まってみるとよいでしょう。

(4)語気を変える

普段、子どもにかけているトーンよりも少し低い声、ゆっくりと話します。明るく早口で話すのは止めましょう。

そして「お湯を沸かすポット、この中には熱い熱いお湯が沸いているの。ここに手をかざすとどうなると思う?」と淡々と説明します。

 

 

着替えたり、正座させたり、目を見たり、声のトーン変えて演技してみたりちょっと面倒に感じるかもしれません。

でも毎日毎日同じことを「ほら、また触ろうとしてダメでしょ! 何度言ったらわかるの!」と叱っているよりも、この1回で聞いてくれたらタイムロスはありません。

“年中無休の怒り屋“をもう卒業しませんか。

そして、今日ご紹介したメラビアンの法則の効果をどんどん活用しましょう。

 

(2015年2月17日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
※1

※ Ocskay Bence / Shutterstock

【関連記事】

※ 男の子ママ、無意識に「理想の息子」を押し付けてない?

※ 3歳~「ママ見て!」ばかり繰り返す子への対応3つ

※ そうだったのか!子どもが「嘘をつきやすくなる」心理と親の対応

※ 「日本製=安全」とはいいきれない!? 赤ちゃんのアイテム選び、本当に安心なのは?[PR]

※ 一足お先に「フェイラー」の新作をチェック♡ 2018年秋・冬のイチオシ5選[PR]

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼