職場でのつら~い腰痛に!おすすめの「腰痛ケアグッズ」8選

source:https://www.shutterstock.com/

育児に仕事、保育園や幼稚園などの用事にママ友とのお付き合いなどを優先し自分のことは後回しに頑張るワーママ達。毎日、目が回りそうな忙しさにクタクタになる方も多いでしょう。

赤ちゃんや子供の抱っこ、重い荷物を持って体力が付いたかななんて思っていたら、実は腰痛が……なんてことありませんか?

今回はワーママにおすすめの使える腰痛ケアグッズをお届けします。

 

▼デスクワークの多い女性の悩みは?

source:https://www.shutterstock.com/

日経ウーマン調べによると、「姿勢が悪くなる」が55.8%、「首の痛み」が54%、「脚がむくむ」が49.9%、腰痛が47.5%などが、デスクワークの多い女性の悩みです。(※)

「デスクワークは座って仕事をしているだけなのに、なぜこんなに疲れるのか分からない」仕事疲れで慢性化した身体の不調を訴える人が8割にも上ることがわかりました。

そんな方々にもおすすめ使える腰痛ケアグッズをさっそく、ご紹介します。

 

▼使える腰痛ケアグッズ8選 

(1)

source:https://www.amazon.co.jp

鍼治療は多くのトップアスリートなどが施術し身体のメンテナンスに取り入れていますが、鍼治療に抵抗のある人や、良い鍼炎院が分からなかったり、やはり鍼は怖いと思う人もいるでしょう。

そんな人達の間で人気なのが刺さない鍼「アキュライフ」です。

鍼の効果がありながら「刺さない」というアキュライフは、治療点(経穴・ツボ)や、こり、痛みの部分に貼るだけの画期的な商品です。

鍼炎治療に基づいた圧刺激と汗や体液に反応する金属反応により身体に働きかけ症状を緩和してくれます。

シールタイプ(150本)

 

(2)

source:https://www.amazon.co.jp/

ストレッチポールで隙間時間にエクササイズ!

腰痛もちの方など、つい前傾姿勢になっていたりしていませんか? ストレッチポールを使うことで全身の筋肉が緩められ、本来の正しい姿勢を取り戻すことができるとされています。

前屈み姿勢は肋骨まわりを動きにくくするとされています。ストレッチポールの上に寝て自分の重さで自然に筋肉の張りや凝りを解してくれるので、体験された方からは「腰痛が和らいだ」「身体がすっきり」など口コミでも評価の高いベストセラー商品です。

サイズ:長さ約98cm x 直径約15cm

重量:約700g

 

(3)

source:https://www.amazon.co.jp/

車中やオフィス、自宅、旅行、座椅子などいろいろな場面で活躍してくれる低反発座布団。

こちらの座布団は人間工学設計に基づき作られた座布団で、長時間座っていても疲れにくくお尻に負担がかからないよう設計されています。

中穴設計で圧力を分散させ、座るだけで背筋が伸び美しい姿勢をキープできそうです。

サイズ:縦38x横45x厚さ2.5-7cm

素材:ポリエステル100%(高品質ウレタン)カバー/通気性メッシュ

 

(4)

source:https://www.amazon.co.jp/

座るだけで骨盤周りがキュッ!と引き締まり、背筋も伸びて正しい姿勢に導いてくれそうなクッション。

こちらは米ハーバード大学医学部などで整形外科研究に長年従事してきた医学博士勝野浩先生が考案したもので、低反発と高反発と硬質ウレタンの立体三層構造が特徴的です。

座るだけで骨盤補正してくれて、7度の傾斜が自然な美しい姿勢をキープしてくれるように計算されています。

サイズ:幅42×奥行き31×高さ8.5cm

素材:ポリウレタンフォーム、カバー/綿・ポリエステル

 

(5)

source:https://www.amazon.co.jp/

腰の安定と装着した時の快適性を追及し、第一三共ヘルスケアとワコールが共同開発した商品です。

立体の3D構造が体の動きにフィットするようにできています。

さらに、汗を吸い上げる吸汗素材を使用しているので、今の季節も汗ばむことなく装着できそうです。また、3層構造のパワーネットが腹筋と背筋のバランスをサポートし、腰を安定させやすくする仕組みになっています。

適応サイズ(Lサイズ)・・・ウエスト 69cm~77cm、ヒップ 92cm~100cm

素材:ポリエステル、ポリウレタン

 

(6)

source:https://www.amazon.co.jp/

回復補助と予防を目的に開発された「ソルボ楽らく腰ガード」。

超極薄設計で装着していてもオフィスで目立つ心配がありません。圧力を分散し、衝撃から腰をカバー、軟質ボーンで腰の両脇と背中をしっかり支えてくれるデザインとなっています。

身体にフィットし、通気性が良く暑い季節でもムレにくいのがうれしいですね。痛みのストレスから解放してくれるサポーターです。

サイズ:Mサイズ(68〜88cm)

素材:ナイロン・ポリウレタン・ポリエステルなど

 

(7)

source:https://www.amazon.co.jp/

腰を痛めている人、ぎっくり腰が癖になってしまった人におすすめなのがザムストの腰サポーター。

洋服の下に装着していても目立たず、本体背部に取りつけられた3Dバックパネル、骨盤ストラップがしっかり腰や骨盤をサポートしてくれます。

正しい姿勢をキープできるザトムズ腰サポーターは、椎間板変性症でもテニスができた、長時間つけていても問題がないと口コミでも評価が高い商品です。

サイズ:(M)75〜85cm

素材:ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン・EVA

 

(8)

source:https://www.amazon.co.jp/

1日10分のストレッチができるバックストレッチャーです。

デスクワークでずっと座り続けていると姿勢も悪くなりがちです。その影響で腰痛、頭痛、肩こりなどを引き起こしてしまうのですが、こちらのストレッチャーは隙間時間でストレッチができる商品です。

このストレッチャーなら背中の筋肉を引き延ばし、背中をストレッチし、突起部分が凝り固まった筋肉をほぐしてくれて、腰痛改善のお手伝いをしてくれそうです。

サイズ:長さ39cm, 幅25cm

3段階調節:初級 高さ7cm、中級 高さ9cm、上級高さ11cm

 

腰痛は短期間で治るものではないので、いつまでも続く痛みにますます姿勢が悪くなったりストレスがたまったりしてしまいがち。

働きながら育児に家事に頑張る忙しいママにとって、自宅でのケアが大切となってくるのではないでしょうか。

腰痛グッズはたくさんあり、今回ご紹介したのはほんの一部でしかありませんが、つらい腰痛を改善するためのご自身にあったサポートグッズを探してみてください。

 

【参考・画像】
※ 
※1
※2 
※3 
※4 
※5 
※6 
※7 
※8 
※ gpointstudio、dotshock / Shutterstock

【関連記事】

※ 【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」

※ 妊娠中の腰痛&赤ちゃんの吐き戻し防止にも!? ママに嬉しい「枕」10選

妊娠後期に起こりやすい「マイナートラブル」と腰痛改善ポーズ

※ 「日本製=安全」とはいいきれない!? 赤ちゃんのアイテム選び、本当に安心なのは?[PR]

【野菜ソムリエ監修】野菜を安心・安全に食べたい!ママ達が使っているものとは?[PR]

【ChillybinCrewからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼